パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

黒田200勝


リーチを掛けてから何故か打線の援護に恵まれず足踏みをしていましたが無事に達成。
パワプロで出て来た頃は変化球がショボくて佐々岡やミンチーばっかり使って「どこで使うんやこのヘボP」なんて言っていたのも恥ずかしい過去。
マエケンも同じ道を辿ってエエんやで。


中京記念
◎トウショウドラフタ
NHKマイルCでは後方から上がり最速で突っ込んで来たものの、マイペースで逃げるメジャーエンブレムの影も踏めず。勝ち馬の強さだけが目立ったレースだったが最後まで脚を使えていたのは今後に繋がる内容だった。
古馬との初対決で人気にもなっているが、ファルコンSで中京芝は重賞勝ちがあるし外差しが決まりだした今の馬場状態なら追い込みが届いても。
○ダノンリバティ
前走は不利な8枠から早めに動いていって脚を使いすぎてしまい勝負どころでは何もできず。マイラーズCはもう少し開催時期を考えて施行すべきじゃないか。
実際、差して競馬にならなかった馬が次走で馬券になっているし、久々を克服できれば勝負になるはず。
▲ダローネガ
昨年の3着馬でその後はOPなら戦えるけど重賞だと少し足りない感じで、2走前の谷川岳Sを見ても衰えているとまでは言えないが力を付けたとも言えない。
ただ、フラガラッハやミッキードリームなどリピーターが多いレースでもあるので、コンスタントに使われながら調子を上げていれば昨年の再現まであっても。
△マイネルアウラート
3歳時にはロサギガンティアとも接戦を演じたこともある馬だが出世にはだいぶ時間を要してしまい、距離を短縮されながらようやくOP入りを果たした。
昨年ワンツーを決めたパラダイスSの勝ち馬で、前走で勝っているのに人気が無い馬を狙うのがセオリーと言うレースなので最後まで粘ってくれたら。


函館2歳S
◎ドゥモアゼル
恐らく日本で一番予想のしにくいレースではないだろうか。いきなり変わる馬も出てくるからねぇ…。
新馬戦は人気がなかったのを嘲笑うようにスタートを決めて2着、未勝利では中団から脚を伸ばして差し切りと器用な一面を見せているしサクラバクシンオー→ショウナンカンプのラインを存続させるためにも2歳1200重賞では負けられない。
○ロイヤルメジャー
一昔前にはある意味トレンドだった「2歳戦では山内厩舎を狙え」なんてのも死語になりつつあったが、森厩舎の外国産馬同様まだまだ使える格言であってほしい。
昨年もダイワメジャー産駒が2・3着に入って流石の仕上がり早を見せているので、騎手に目を瞑って買ってみても。
▲モンドキャンノ
新馬戦では番手追走から行き脚を付けて並び掛けると直線でもビッシリ追われて僅差をモノにした。2・3着馬がすでに勝ち上がっているしレベルとしても悪くないレースであった。
キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーで1200は大好物だが本格化は少し先になりそうなイメージだが、現状のレースセンスだけでも通用しそうな能力はありそう。
△ガーシュウィン
トウショウの持ち馬なのに洒落た名前を付けるじゃないの。シルクと言い冠を外すのが最近の流行りか?
新馬戦ではスピードの違いを見せて1000m戦では珍しい3馬身ぶっちぎる派手な競馬をしてくれたので、あとは1ハロン延長にどれだけ対応できるか。


函館記念までの成績【3/75 -155740円】返還1800円 トリガミ1


新井と言いめでたい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク