パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(アイビスSD&クイーンS編)

子猫ちゃん


仕事場に鳥類は大量に生息しているものの小動物はせいぜい蛙がいるくらいの中で、珍しく子猫が迷いこんできて住み着いた模様。
飼い猫ではなさそうな感じで、抱っこは嫌がり人間の餌には見向きもしないが、社内のイケメンの膝はお気に入りのご様子なので恐らくメス。


アイビスSD
◎ネロ
パトラッシュ、何だかとても暑いんだ…。香港に遠征したらどんな名前になるかちょっと楽しみなので是非香港スプリントに出てほしい。
1200ではOP大将なところがあって坂のあるコースも終いが甘くなるだけに、開幕週のパンパン芝で大外枠を引けたなら素直に印を打たざるを得ない。
○アースソニック
2年連続でこのレースは3着になっているが、ここ最近は重賞勝ちがあるせいで下手なOPでは58キロを背負わされるしGIでは歯が立たないしと八方塞がり。
それだけに別定で走れる得意条件は貴重な機会なので捌きやすい頭数と外枠をいかせば今年も3着なら。
▲ベルカント
昨年の勝ち馬が今年は海外帰りを1つ叩いてからの臨戦と半信半疑のような前年のローテとはえらい違い。何で去年は1番人気だったのか理解に苦しむくらい危うそうに見えたのにな。
それでいて今年は印を打つと言うのは如何せんセンスが感じられない予想だが、行き脚に衰えは見られなかったし先手争いを制すればスンナリも。
△アットウィル
NHKマイルCに出走したのも遥か彼方のように感じられる。地道に条件戦を勝ち上がって再び重賞の舞台に帰ってきた。
血統的にあまり奥手の血は見当たらないが、重賞の厳しい流れのほうが合うかもしれないので人気でも押さえてみたい。


クイーンS
◎メイショウスザンナ
福島牝馬Sでは1800得意なのが全面的に報道されて人気が集中したが、それに応えるような成績も納めていないし追い込み不発もやむ無し。
今回は再び人気薄に戻り、逃げたい馬と先行馬が揃ったので展開も向きそうだし
次の1800は府中牝馬Sでは用がなさそうなので今年はここが買い納め。
○シャルール
連勝で一気に重賞でも2着に入って勇躍参戦したヴィクトリアマイルではシンガリ負け。いくらゼンノロブロイ産駒がGIに弱いとはいえ流石にここまで負けるとは思わなかった。
仕切り直しの一戦になるが、前走の精神的ダメージが残っていないか少し心配。
▲マイネグレヴィル
かつてフラワーC2着からオークスや秋華賞にも出ていたことなど忘れて「あれ、上がり馬?」なんて呟いたり。
最近は逃げて好走が多いのであまり先行激化しないのが条件にはなるが、牡馬相手にでも前走は頑張っていたので直線でもうひと踏ん張り利けば。
△ロッテンマイヤー
忘れな草賞は展開にも恵まれて逃げ切ったが、クイーンCでは差してメジャーエンブレムの3着にも入っており先行しなきゃダメと言う馬でもないだろう。
スタミナを問われる2400はいくらなんでも長すぎただろうし、将来的には来年はアイビスSDに出てるかもしれないがコーナー4つの1800ならまだこなせる余地があるかも。


小倉サマージャンプまでの成績【3/78 -162940円】返還1800円 トリガミ1


この泥棒ぬこ…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク