パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

甲子園開幕


今年も始まった夏のドラマ。
昔は毎年なぜか現れる10年に1度の逸材なんていましたが、最近はBIG3がトレンドのようで微妙なレベルでも無理に3人を作って盛り上げているような気がする。
そういう時に限って甲子園に出なかった選手がプロで一番活躍したりするんだよなぁ。


レパードS
◎グレンツェント
ユニコーンSでは3着に破れたが、前で勝負した1・2着馬を無理に追い掛けず直線勝負に徹した結果であり悲観する内容ではなかった。実際、ジャパンダートダービーでは共倒れに終わっていたし、この経験は活きてくるはず。
今回もケイティブレイブがいて引っ張っていく展開になりそうだが、我慢して終いに駆ければ今度は差しきってくれる。
○ネクストムーブ
ここまでダートでは連対を外していない馬で、3月デビューからゆったりローテで重賞に間に合わせてきた。唯一2着に負けたのが新潟1800だが、エンパイアメーカーにフレンチデピュティとカポウティなんてバリバリのアメリカン配合だし、スローの番手から上がり勝負なんて柄ではないだろう。
デムーロなら「武豊についていけば間違いない」みたいな競馬をやりそうだし、それでいて美味しいところだけ持っていく騎手でもあるので要注意。
▲オーシャンビュー
芝でデビューはしたが徐々にダート路線に寄ってきておりマヤノトップガン×フジキセキの裏の部分が強調された馬。前走は1400だったがフジキセキの次がサドラーズウェルズだし1800も守備範囲だろう。
昨年のカトレア賞ではラニとコンマ3秒差の競馬をしているし、ダートスタートコースのほうが走りやすそうなので文字通り一発があれば。
△マイネルバサラ
前走は逃げて早めに潰されて何もできずに終わったが、そもそもそれまで差ししか経験のない馬でなぜ逃げた?と言うレースだったのでノーカウント。芝スタートで引っ掛かるなら今回は見直しもできる。
ジャパンダートダービー勝ちのキョウエイギアと勝ち負けをして能力は証明済みなので、あとはしっかりそれを発揮できる展開に持ち込みたい。


小倉記念
◎メイショウナルト
3年前に1着、一昨年に3着に来た経験のある馬で、最近は良いところなく逃げては沈むばかり。もともと人気に応えて堂々勝利何て言うタイプでもないし、それほど気にすることでもないが。
今回は同型どころか先行馬すら見当たらない珍しいレースで、恐らく単騎逃げが見込めるメンバーならそろそろ一発があっても。
○サトノラーゼン
ダービーまでは3着以下がない馬だったが、それ以降はすべて5着以下に破れるなどあの安定感はどこに行ったと聞きたくなる。
GIを勝ってもないのにゆるゆるローテで甘やかされたのが原因かもしれないし、ローカルどさ回りでビシッと気合いを入れ直せばもっとやれてもいいはず。
▲アングライフェン
昨夏の小倉でようやく勝ち上がった遅咲きの1頭だったがそこからはトントン拍子に出世して2月にOP入り。その後の重賞では跳ね返されたがすぐに1600万条件で巻き返してOPに帰ってきた。
下ではマクリも決まるが重賞クラスともなると似たような作戦を取る馬も増えてくるし、使える脚をしっかり吟味して仕掛けのタイミングを見計りたい。
△マーティンボロ
今年に入ってからのレースは着順こそ二桁に負けることも多いが、大抵は逃げ馬が楽に押しきるか内枠絶対有利の開幕週で外に入るかして力を出しきれていないだけで割とこの馬なりに走れている。
順調に使えているし、少頭数で捌きやすい展開にもなるだろうから順番が回ってきたら案外アッサリと差し切るかも。


アイビスSDまでの成績【3/80 -167740円】返還1800円 トリガミ1


敦賀気比の山崎投手とか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク