パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(関屋記念&エルムS編)

実家に寄生虫


もとい帰省。
今週は何もしなかったが世間は五輪に高校野球にSMAPに忙しいようですが、競馬的にはターフの魔術師・武邦先生が亡くなられたことだろうか。
豊の孫を見たかっただろうし(ゲス顔)、幸四郎の身持ちも心残りでしょう(真顔)。


関屋記念
◎ラングレー
OPに再昇級して久々の重賞になった前走は、悪くない形で直線を向いたが直線では伸びず9着。やっぱりディープインパクト×ストームキャットは最終的にマイル以下に落ち着くのか。
新潟芝にまだ3着以内はないが、いずれも重賞で1秒以内の5着なら苦手とは言わないだろうし能力もGⅢならそろそろ通用しても良い。
○マジックタイム
クラシックでは本番で良いところなく終わったが、昨春になってから掲示板を外したのは休み明けと1400と前走のGIだけ。牡馬相手の重賞でも勝ち鞍はあるし、今が充実期なのだろう。
こちらは新潟芝で2着を外したことのない得意舞台だし、GⅢに戻れば普通に見直せる。
▲ケントオー
これまでずっと先行で結果を残していたが、前走は後方からになってしまった展開から上がり最速の末脚を繰り出して3着に滑り込んだ。
ダンスインザダーク×トウカイテイオーとは思えない切れ味だが、今の新潟なら後方から突っ込む方が合うかもしれないしあとは展開頼み。
△ヤングマンパワー
アーリントンCで重賞勝ちしたが、その後は1年間連対することもできず。ところが今春に帰って来てようやく2着になったと思ったら3連続連対で一気に息を吹き替えしてきた。
好調馬が多く取捨が難しい一戦だが、昨年の3着馬だし8枠を克服できれば。


エルムS
◎クリノスターオー
一昨年に重賞を勝ち、昨年は王道路線に挑戦したがGIではいずれも掲示板には載れず。今年は地方交流に舵を切ったが上がり馬たちにやられて2着までが多くなっている。
今回は同型も多く先行争いがカギを握りそうだが、人気がないときに買いたい馬なのでこれくらいの注目度が最適。
○モンドクラッセ
ダートに転向してから大敗したのが東京と京都で、いわゆる芝向きの軽いダートが苦手な本格派ダート馬。アグネスデジタル×ラグビーボールだから言われてみれば確かにと頷ける。
OPまでは順調に来ていたが重賞で少し躓いているし、秋に向けていよいよここが試金石。
▲ナリタスーパーワン
ウォーエンブレムはミスタープロスペクター系なのだがイメージ的に芝でもやれると思われてやたら使われる。1000万クラスが壁になりやすいし、兼用でもないと個人的には思っている。
ダート重賞は初めてだが、気性で走るのがこの系統の常だから最近の成績は度外視して狙ってみたい。
△リッカルド
キン○マを引っこ抜かれてから成績も安定し、今春はブチコに負けた以外は3着以内で走れている。フサイチリシャール産駒にしては1800を主戦場なのも母父オペラハウスが活きている。
1600万を卒業してすぐだから仕方ないとは言え、これで人気がないなら青田買いで押さえてみるのも。


レパードSまでの成績【3/82 -172540円】返還1800円 トリガミ1


合掌>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク