パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(阪神ジャンプS編)

サイズだなんて


今年入ってきた新人(女性)が社会人になったことで彼氏と疎遠になってしまい別れたとか。
ただ、本人は自分の顔とか性格とかボディスタイルが原因なんじゃないかとあれこれ先輩の女子社員やお局様方に相談なされていたのですが不意に
「胴長さんだってやっぱり巨乳のほうがいいですよね?」と振られる。
個人的に揉まして吸わせてくれりゃあサイズなんてどうでもええわ、という下種な人間なのですがさすがに会社中の女性を敵に回したくないので
『女性が考えるところの男性器のサイズくらい重要なんじゃない?』
などと答えになっていない回答をしたところひどく落ち込んだので、そうね、そうなのね。


阪神ジャンプS
◎ニホンピロバロン
障害に転入してからオール2着以内で、負けたレースも前崩れの展開を3番手から粘り通して2着を確保したものだし内容の濃いレースだった。それにしてもフサイチリシャールから障害のスペシャリストが生まれるとは。
今回は春の王者と一騎打ちムードになっているが、向こうが前走で一頓挫あったことだし順調度の高さを考慮してこちらを上に取ってみる。
○アップトゥデイト
断然人気に推された新潟ジャンプSではテンから付いていくことができず後方まま。クロフネ産駒だが、もともと平地での短距離能力が高いほうではなく中距離型だったし、ハードルのみのスピードコースは不得手なのだろう。
今回も2度ほど勝てていない阪神コースで条件好転とも言いがたいし、前走のダメージが残っていないかは心配だが冬の大一番に向けてもう恥ずかしい競馬はできない。
▲バトルボンネビル
転入初戦を鮮やかに差し切って上々の飛越能力を見せてくれたが、2戦目のOPでは大逃げを打った馬を追いかけてペースを乱されてしまいズルズル後退。前走を見ても先行するのはあまり好きではなさそう。
今回は頭数も減って何が何でも逃げたい馬も見当たらないので、前半がスローで流れてくれれば追走も楽になるだろうからマクリ組と一緒になだれ込めたら。
△ゴールデンヒーロー
ここまで頭数が12頭を超えると【0-3-0-6】11頭以下だと【1-0-2-0】という成績で、隣から絡まれるとやる気を削がれてしまうタイプなのだろう。スンナリ先行できなくなるというのもこの馬にとっては課題になる。
今回は11頭なのに加えて外枠に入れたのでスタートからぶつけられる可能性も低いし、逃げようとする馬の後ろをサッと入ることができれば最後まで頑張り通せても。


セントウルSまでの成績【4/95 -135470円】返還1800円 トリガミ1


本性を出しやがったな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク