パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

なんよーび?


三連休があって台風が合間に来て祝日を挟んで仕事があってと、緩急の激しい今週を過ごした結果、本日が日曜日とはまったく気付かず。
さっきまで寝てた。
今しがた予想した。


オールカマー
◎クリールカイザー
以前は楽に先手を取れる逃げ脚があったものの、高齢化に伴ってズブくなってきたのか半ば強引に押していかないと行けなくなった。番手からだとやや終いが甘くなるのも難点。
夏の2000シリーズを無理に使わずAJCC勝ちもある中山2200に絞ってきたし、同型のカレンミロティックとどちらが主張するか次第。
○マリアライト
宝塚記念では海外帰りだったとは言えドゥラメンテを豪快に差しきり快勝。陣営も最初からヴィクトリアMを捨てて目黒記念から一本に目標を定めていたのが勝因だった。
今回は過去に2回対戦して負けているグランプリ・ホースが相手になるが、今の勢いなら逆転があってもおかしくない。
▲ゴールドアクター
今年の日経賞までの快進撃はいよいよ世界も視野に入るんじゃないかと思わせる内容だったが、天皇賞・春では逃げたキタサンブラックを捕まえられず大敗。展開に泣いたとは言え最後があまりにだらしなかったのは気掛かり。
今回は立て直されての一戦になるが、好調だったのが突然不可解なスランプに陥るのがこの血統なのでまずは様子を見たい。
△アクションスター
長らく結果の出てない馬で、一昨年に長期休養してからはテンに置いていかれることも増えてきた。アグネスタキオン産駒も減ってきたし頑張って欲しいが。
ただ、このところ大敗したのは離された後方からになった産経大阪杯くらいで、あとは見せ場ほどではないが脚は使えているので先行馬が多い今回は最後に出番が回ってきても。


神戸新聞杯
◎サトノダイヤモンド
激しい叩き合いの末マカヒキの根性に屈した東京優駿だったが、ニエル賞の結果を見ても致し方なし。あれに勝てるようならこちらが凱旋門賞を目指していてもおかしくなかった。
ロイカバード、クィーンズベストなど条件戦でもあからさまな雑魚狩りをしていたわけでもないし、よほどルメールが下手を打たない限り勝ち負け。
○レッドエルディスト
ゼンノロブロイ×ダルシャーンと言う何だか日本刀よりはハンマーみたいな血統だが、追い込み一手。さすがにマカヒキらを相手に後方一気は決まらないだろう。
それでも一貫して終いの脚は確実だし、折り合いに苦労する馬でもないので本番に向けて中団あたりから構える競馬も試して欲しいが。
▲カフジプリンス
断然人気に推された前走だったが、51キロと言う恵量だったのに後方ままでマクリもなくただ回ってきただけみたいな競馬。あれを見せられては菱田もチャンスは減っていく。
やっぱり乗り替わりになったが、ゆったり構えて活きるような馬ではなさそうなので早めに自分から仕掛ける展開に持っていきたい。
△ジョルジュサンク
父がヴィクトワールピサだが母系はラムタラ×ミルジョージ×レリック×ヒンドスタンと言うスタホのWBCLONGにでも出るのか?レベルのスタミナ型。そりゃ2400も短い部類に入るわけだ。
菊花賞が6000mだったら余裕の本命だが、今回は2400なので評価は下げたい。再来年あたりイギリスのグランドナショナルを目指してはどうか。


ローズSまでの成績【4/98 -140850円】返還1800円 トリガミ2


惰眠を貪る>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク