パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(シリウスS編)

断念


凱旋門賞の馬券だけでも買えるようにしようとPATの導入を検討してきたが、イマイチ入会の仕方が分かりにくいし新しく口座を作るのもめんどくさいので見てるだけの方向に。
まぁ、実力の判断が難しい海外馬と例年とは違うシャンティイ開催だと考えたら普通はケンだろうと言い聞かす。


シリウスS
◎ピオネロ
3歳時は芝で何度も重賞で4~5着を繰り返したこともある実績馬だが、古馬になってからは煮え切らないタイプに落ち着いてしまい。このままフェードアウトかと思いきやダートに替わって2連勝を飾りOPに返り咲いた。
少頭数ながら好調馬が揃った難解な一戦だが、日本テレビ盃4着のスリータイタンを連続して1秒千切る能力を考えたら力上位ではないだろうか。
○アポロケンタッキー
こちらもデビューは芝ながらダートに転戦し、今年は休み明けから3連勝でOPを確定させた。ドコフクカゼを完封した舞台だし実績のあるコースなのは心強い。
父ラングフールはダンチヒ系だが、母父はゴーンウエストでダートの下地は十分だしあとは実力次第。
▲メイショウイチオシ
軌道に乗りそうになると長期休養を余儀なくされることが多く、前走も休み明けで良いところなく終わった。やっぱりコンスタントに使えることも競走馬として強味に入る。
今回は一つ叩いて行き脚は付くだろうし、かつてアムールブリエから逃げ切ったこともあるなら同型のマスクゾロとの兼ね合い次第で進出も。
△カゼノコ
ハッピースプリントの三冠を防いだのももはや過去の栄光。ホッコータルマエ・コパノリッキーらの快速逃げ馬を捕らえるのに他力本願の最後方待機だけでは太刀打ちできない。
今回は川崎記念以来で、少頭数に逃げ馬も少ないため展開は不向きそうだし、長期休養明けでも自分から動いていけるかが課題。


オールカマーまでの成績【4/100 -145650円】返還1800円 トリガミ2


あの葡萄は酸っぱい理論>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク