パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS&凱旋門賞編)

楽しみ


勝てるかどうかは知らないが、3歳馬が菊花賞をパスして天皇賞・秋に出るよりは遥かにワクワクする。
ウイポだと平気でバブルガムフェローにはコックスプレートとか出してるので、リアルがゲームに追い付くと単なる夢物語じゃないんだなとか感じられてやっぱり良いもんだなと。


スプリンターズS
◎サトノルパン
1200mに出てくるディープインパクト産駒は世間的に言うと珍しい話だが、ディープインパクト産駒がデビューする前に牡馬の初GIは高松宮記念馬だと提言した手前。クラシックで振るわず短距離でドカンなのは今でも評価は変えていない。
ここ数戦は見せ場もない競馬が続いているが、昨秋にはビッグアーサーを差しきった馬。エアレーションで外からでも勝負ができる最終週なら最後に届いてもおかしくない。
○ミッキーアイル
なので非常に高松宮記念ではこの馬に期待をしていたのですが、やっぱりサクラバクシンオーみたいな超スペシャリストが相手だと分が悪いようで。
ただ、アルデバラン2だのスウェプトオーヴァーボードだのヨハネスブルグだのには負けられん。それが明らかな短距離血統だったとしても。
▲ビッグアーサー
本来ならこの馬を本命にしておけば、まぁ三連単ボックス予想なんだから1頭は固いはずなんだ。セントウルSでの競馬にケチは付けられない。
でも1枠…福永…うっ、頭が…!
△シュウジ
正直、NHKマイルCの時点で「お疲れさま」と言う例年の小倉2歳S組らしい早熟馬だと思っていたが、サマースプリントシリーズで連続2着に入って息を吹き返した。
前走は差し馬が台頭した前崩れの展開のなか、逃げて最後まで粘るレースぶりはまだ終わっていない。


凱旋門賞
◎オーダーオブセントジョージ
名前長い!
今年から凱旋門賞を初め日本馬が遠征する海外GIが馬券対象となるが、それに伴って応援とは別に儲けてやろうと考える買い方も指南が始まった。
ただ、博打は人が右を見てるときに左を見ないと勝てないもの。3歳有利、牝馬有利、これらに踊らされず父はサドラーズウェルズ系かダンチヒ系、鞍上が不気味なランフランコ・デットーリマジックに託す。
○ファウンド
何かよしだみほ先生が涎を垂らしてネタにしそうな馬だな。牝馬なのに牡馬に混じって2着を続けるヒモ女か、ブロコレ倶楽部から招待状が来るか。
昨年は大敗したが今年はシャンティイに場所が変わるので、昨年とはまた違った展開にも期待。
▲ザグレイギャツビー
2年前のフランスダービーから勝ち鞍がなく、今年も強力古馬陣に3歳馬とライバルは増える一方。
それでもシャンティイはそのフランスダービーを制した舞台だし、それ以来のこの舞台でまさかの復活劇を演じるかも。
△マカヒキ
まぁまぁ。
札幌記念から凱旋門賞とか言う舐め凱なローテを採用せず、真面目に現地で前哨戦を使った点を素直に称賛して自信の連下。


シリウスSまでの成績【4/101 -148050円】返還1800円 トリガミ2


日本ダービーからイギリスダービーとか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク