パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(菊花賞編)

まだまだ


パルス藍住も中央の馬券が買えるようになって久しいが、やっぱりGIの日になると混雑具合を考慮してウインズ高松に来てしまう。
自動発払い機が4つとおばちゃん3人では3場開催に盛岡を発売して2時から高知競馬も始まると5場開催になってしまい、たびたび買えない人が出ているのはやはりいただけない。
あと、個人的にはレープロをウインズ・競馬場と同じやつにしていただけないか。


菊花賞
◎レッドエルディスト
毎年、このレースと天皇賞・春はディープインパクト産駒が頭まで来ないと言うデータが乱れ飛び、個人的にもそういう見解の立場にいる人間なので2強を本命にはしない。そうなると近年はトライアルで権利を獲るか、1000万条件で1着かのどちらしかいないので悩んで、これ。
ゼンノロブロイ産駒をクラシックで本命にするか~?と言う違和感は半端ないのですが、母父ダルシャーンのスタミナにすべてを託すしかできない。
○サトノダイヤモンド
皐月賞が少し不利を受けた3着・ダービーがハナ差の2着で、前走もギリギリで勝ったように見えるが追い出しを待ってから叩き合いを制した横綱相撲。能力は世代の中でも一枚上手かなと言う印象。
普通なら1番人気でも黙って買うべきなんだろうけど、どうしても母系がダンチヒ系のオーペンにサウザンドヘイローでバックパサーでその下にようやくフェアウェイ系のタタンだからスタミナの下地は…どうかなぁ…。
▲ジュンヴァルカン
6月の1000万特別からダイレクトにGIへ挑戦すると言うなかなか珍しいローテだが、そこで倒した相手がヤマカツライデン。500万で2着に負けた相手も青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュランと隠れた実力馬みたいで魅力的。
こちらも母父はエンドスウィープだが、その後はニジンスキーとテディ系のスタミナ型・アーギュメントならサトノダイヤモンドよりはまだ見れるか…な?
△コスモジャーベ
抽選を突破して出走に漕ぎ着けたが、ソングオブウインド×モルフェデスペクタのこの馬がGIに出走するなんて誰が予想できただろうか。
実はディーマジェスティが勝ち上がった未勝利でコンマ7秒差に走っていて、レースを動かす大マクリを見せた燕特別のような競馬をしてくれたら淀の下り坂を一気に駆け降りて面白いことにならないだろうか。


富士Sまでの成績【4/111 -172050円】返還1800円 トリガミ2


あとタダ茶とマルチ対応マークカードと…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク