パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(JBCデー編)

うつつ


CS放送が無料で視聴できるお試し期間なのと、メジャーリーグのワールドシリーズが7戦までもつれ込む熱戦になっているのをザッピングしながら眺めてたら予想をするのを危うく忘れるところ。
半分の地方馬はいらないから消しやすい半面、まともに中央勢で独占されたらトリガミ必至なので一角崩しを誰にするか非常に悩ましい。


JBCクラシック
◎アウォーディー
ダート路線に矛先を向けてから負けなしの6連勝。日本テレビ盃ではモーニンを終始マークする形で競り落とし、いよいよGIレベルまで力を付けてきた。
相手はさらに強化されて今までのようなチンチラした流れには絶対ならないだろうが、王者を差し切る可能性がありそうなのは彼だけではないか。
○コパノリッキー
春の終了時点ではアメリカBCクラシック挑戦もあると報道されていましたが、体調不良を理由に国内専念を発表。南部杯を見るに、間に合ったんじゃないのか…?と思わなくもない。
その前走は自分から仕掛けて馬場の真ん中を突き抜けてレコード勝ちと言う内容で、昨秋の不振は何処に行ったと思わせる充実ぶりなのでここもまずはペースを握りたい。
▲サウンドトゥルー
昨年の東京大賞典を勝って世代交代かと思われたが今年に入ってからは勝ち星に恵まれず、テンに置いていかれて追走一杯から3着までと言う競馬が続いてしまっている。
今回もまずは有力どころがハナを主張するだろうが、2週目の向正面からマクって行くような競馬に活路を見出だしたい。
△ノンコノユメ
とうとうノンケノユメになっちゃいました。種牡馬になれないこんな世の中じゃポイズン。
今まで追い込み一辺倒だったのが気性のせいだと言うならば虚勢でいきなり競馬がガラッと変わる可能性もあるが、単純に5ヶ月ぶりの実戦でこのメンバー相手にどこまで迫れるか。


JBCスプリント
◎ソルテ
昨年までは南関東の重賞で小銭稼ぎばかりをしていたが、ようやく交流重賞に進出してかしわ記念2着。確実に勝ち負けできるような実力になってから出走すると言う参加賞狙いではないのが近年の地方馬とは一線を画する。
取り敢えず地方馬が一矢報えそうなのはここだけっぽいので、速い馬はいるが先手を取って粘り込む自分の形に持ち込みたい。
○ダノンレジェンド
本来ならこの馬が断然人気に推されていてもおかしくなかったが、前走がだらしない競馬に終わったので評価を下げているのだろう。
ただ、その前走はダートに水が浮くような田んぼ馬場で、内枠が軒並み来ないと言う極端な状態だったと考えればノーカウントにできる。むしろあれで人気を落とすなら買う側としてはおいしい部類。
▲ベストウォーリア
南部杯2連覇以外はGI勝ちこそないが堅実に走っていて、3連覇を目指した今年はちょっと相手が悪かった。まぁ、そんなこと言ってたら東京大賞典はどうするんだとなってしまうが。
中央・地方を含めて1400は連対率100%の縁起が良い距離だし、隣がポンと出た後ろを距離ロスなく回ってくれば十分に勝機もあるはず。
△レーザーバレット
3歳時にはUAEダービーにも出た馬だが8歳でもまだ重賞戦線に踏み止まって重賞勝ちまでするとは。ブライアンズタイムの血もなかなか衰えない。
前走は内埒沿いをスルスルと上がってきて見せ場はあったが最後の伸びを欠いて5着。1ハロン短縮される今回ならもう少し頑張れば連対まで。


JBCレディスクラシック
◎レッツゴードンキ
ラッキーパンチで桜花賞を勝ってしまってから長らくスランプに悩まされてきましたが、サマースプリントシリーズでようやく復活の兆し。マイルCSかと思っていたが今年は距離が1600だからかこちらに回ってきた。
ダートは初めてだが、母系はマーベラスサンデー×ジェイドロバリーだからミスタープロスペクターのインブリードが入るし、兄のマルトクスパートも園田で猛威を奮っているから地方の小回りも克服できそう。
○ホワイトフーガ
昨年のこのレースを勝って牡馬に挑戦したがいいところなく終わってしまい、やっぱり牝馬限定でも1000万クラスに対応できるレベルだと本物相手には辛いものがある。
ここに来て喉鳴りの症状が出ているらしく、前走は大雨が良かったようだが秋晴れで乾燥してきたときに息を保てるか。
▲アムールブリエ
ブリーダーズGCでは中央・地方の3歳小娘どもを大差で一蹴する大人げない競馬で圧勝。今年は1600なのに何故か白山大賞典に向かったのは少し首を傾げるところ。
父スマートストライクだからベストは1800なんだろうが、久々にテンから流れていく競馬に戸惑わなければ。
△ブルーチッパー
前走はハナを叩かれて番手からの競馬になってしまい、3コーナーからのスタミナ勝負になってさすがに中央馬相手で分が悪かった。できればスローの瞬発力勝負に持ち込みたいところだろう。
今回は何がなんでも逃げていくだろうし、中央勢に逃げ馬不在なのでスイスイ行けたらそのままも。


メルボルンCまでの成績【5/116 -151650円】返還1800円 トリガミ2


インディアンスと言えば石橋貴明>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク