パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京王杯2歳S&ファンタジーS&BC編)

省略


レース名をそのまま入れたら長すぎてタイトルに収まりきらなかったのでBCで。
ウイポだと割かしジャックするアメリカBCだけど、日本馬が挑戦するのって意外と少なかったりする。日本のほうが賞金も高かったりするからなぁ。


京王杯2歳S
◎ディバインコード
新馬戦こそ2着に敗れたが、負けた相手はアスター賞で雪辱して貸し借りなし。そのサルヴェレジーナもここに出て来て好勝負したらよしだみほ先生御用達の展開なんだが。
例年とは違い全馬が前走3着以内と言うなかなかハイレベルっぽい重賞だが、勝ち馬が翌年以降パッとしないのが気がかり。
○ジョーストリクトリ
種牡馬入りする前はあまり話題にされていなかったジョーカプチーノだが、意外に仔出しが良いようでPOG媒体でも何頭かグラビアに挙がっていた。実際、勝ち上がりも出ているし来年以降は中小牧場で人気が出そうだ。
あとは重賞でもやれるところを見せたいし、1400みたいな瞬発力と持続力が半々要求される半端な距離で良さを発揮しそう。
▲タイセイブレーク
デビュー戦は1番人気に応えて快勝し、もみじSではラスト3ハロンが全て11秒台の上がり勝負を切れ味負けして3着。マンハッタンカフェとディープインパクト産駒に当たってはダイワメジャーだと辛いものがあった。
特に悪いところは見当たらないのにこの低評価だし、5年で2回馬券に絡んでいる1番枠からスルスル抜けてくる競馬ができれば。
△レーヌミノル
小倉2歳Sは2番手から最速上がりを繰り出して6馬身差の圧勝。この時期は馬鹿っ速い快速馬が楽に勝ちやすいとは言え、ちょっと2着以下とは能力に違いを見た。
同じ距離でファンタジーSがあるにも関わらずわざわざ遠征までして牡馬にぶつける意図はまったく理解できないし、東京を経験したいならクイーンCで良かったんじゃ…?


ファンタジーS
◎ミスエルテ
フランケル産駒はPOGりんで1頭は指名したかったのだが、どうしても謎男さんの指名順位が読めないのとエーデルワイス賞には出てこないので泣く泣く見送った。まぁ、別のPOGで一本釣りしてるからドヤ顔はしてます。
来シーズンはフランケル産駒を指名したいような、注目度が上がりすぎてやっぱり見送ることになりそうな。
○ディアドラ
よそのPOGで指名している馬、その2。と言うかPOGりんでも補欠に入れてたけど、その前に確定しちゃって漏れたから補完しただけだが。
正直、ここまで人気になっているのは騎手のせいじゃないかと思うが、ワンツーとかされたらニヤニヤが止まらないかも。
▲モンロー
新馬戦では中京2歳S勝ち馬のディーパワンサと同等の脚を使って3着。さすがにそれだけの脚があれば未勝利を勝ち上がるのは時間の問題だった。
ダートでの勝ち上がりにはなったが、クロフネ×サンデーサイレンスで祖母は快速馬として鳴らしたニフティニース。むしろ平坦芝の時計勝負は望むところ。
△メイショウカリン
終いの切れ味は確かなものを持っているのだが、如何せんスタートが下手くそで新馬戦はとんでもない後方ままになっていた。
1200を使って気合を付けられて勝ち上がれたが前走はまた後方から。岩田にスイッチしたのもスパルタ教育でマクリをカマしてきそうだし、人気のない馬がたびたび来るレースなので気楽に追い込めたら。


BCフィリー&メアターフ
◎レディイーライ
2歳時にはBCジュヴェナイルターフを勝ち、翌年のベルモントオークスまで破竹の6連勝。欧州遠征や昨年のこのレースは勝利確実とまで目されていたが、蹄葉炎を発症して無念の長期休養。
1年ぶりの2走前は後ろから来た馬に差され、前走も勝つには勝ったが以前ほどの爆発力がないのは気掛かりだが名門ブラウン厩舎の手腕に賭けて。
○アベンジ
ウォーフロント×ウッドマンと言う血統通り、1300からデビューしてダート1200なども経験したが少しずつ距離延長されて芝2000で初GI制覇。母系を見ても母母父にニジンスキーがあるくらいで、あまりスタミナの下地があるようには見えないが。
サンタアニタは小回り1周1400mと先行有利なので、1300でも勝ち鞍のあるこの馬にはテンのダッシュ力が活きるかも。
▲アルズギャル
5歳牝馬だがデビューしたのは4歳秋と言うブロードアピールを思い出すような晩成型。割とスマートストライクの系統は早めに仕上がる印象があったんだがなぁ。
春先はモタモタしていたが夏ごろから急上昇して前走ではトライアル位置にあるEPテイラーSでGIも勝ったし、勢いで人気どころをまとめて面倒見る可能性も。
△キットキャット
ハブ・ア・ブレイク!のお菓子ではなく。きっと猫だから犬でもロバでもないチリからの遠征馬。
ファラベラBC1着とか言われてもわからんが、遠征緒戦のOPで取り敢えず2着に入ってスピードには対応しているしスキャットダディ×フライソーフリーなら2000までがギリギリかな。



JBCデーまでの成績【5/119 -158850円】返還1800円 トリガミ2


滞在費もネックだね>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク