パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

カラス、襲来


会社付近の野鳥どもは大体が逃げるかハクセキレイみたいに近付くとチョコチョコ歩いて距離を取るかなのだが、久しぶりに見たカラスはこっちに興味津々で寄ってきてはカーカー鳴いて足下まで来る。
しゃがんで撫でくりまわしても逃げないからかなり人間に慣れているのか、誰かが餌付けでもしてるのか。
それにしてもあそこまで人懐っこいカラスは初めて見たような気がする。


東スポ杯2歳S
◎トラスト
中央初挑戦のクローバー賞は大事に乗りすぎてしまい2着に敗れたが、続く札幌2歳Sでは今まで通り先手を取る競馬で逃げ切り。父スクリーンヒーローだしスローの上がり勝負よりは持久戦に持ち込んだほうが良いだろう。
スローになりやすい2歳中距離路線だが、切れ味鋭い差し馬が台頭しやすいレースだけにマークされる形になってどうなるか。
○キングズラッシュ
柴田善がどちらを選ぶか気になっていたが、重賞ウィナーを選んだか。
新馬戦→芙蓉Sと2000mで連勝したが、福島の小回りをマクリ上がったのと中山で先行して押しきったものと、自在性が売り。今回は東京だが広いコースで長く脚を使えるかが課題になりそう。
▲スワーヴリチャード
POGりんでハーツクライ牡馬を洗っていたときにこの馬にするかスピリットソウルにするか悩んで、被りそうで止めた馬。別のPOGではこちらを選んだがスピリットソウルのほうが2着大王の道を歩んでいるのに何か因縁を感じる。
まだピリッとしてこない感じがハーツクライ産駒らしく本格化はまだ先っぽいが
、ここらで本賞金を稼いでおけば春先に無茶なローテを使わずに済むので何とか連対まで。
△ブレスジャーニー
父のバトルプランと言う名前を聞くと何となくテディ系オジジアンのラインだと勘違いする。何と混同してるのか。
前走は東京1600でダイワメジャーとルーラーシップの評判馬を倒したし、今回はディープインパクトと地方馬の評判馬を相手にどこまで来るか。


エリザベス女王杯までの成績【5/129 -181050円】返還1800円 トリガミ2


野性どこ行った>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク