パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(マイルCS編)

右から左


先日のハイセイコー記念で無事に結婚式のご祝儀は確保できましたが文字どおり汚ない出所の金。
言わなきゃわからないがピン札じゃないと失礼なのでやっぱり新たに下ろしてきたので敢えて綺麗な金と言い張る。


マイルCS
◎ミッキーアイル
毎度、人気は集めるものの勝つまでには至らず松山の初GIも叶わないまま再び浜中にスイッチ。まぁ、高松宮記念で降ろされなかっただけ我慢してくれたと言える。
1200路線はどうしても新鋭は逃げ馬が多く、前に行くこの馬にとっては辛い展開になりがちなので比較的差し馬が多いマイル路線ならもう少し粘れてもいいはず。
○フィエロ
中団に構えると終いが甘く、後方に構えると最後に届かない不器用な馬。サンデーサイレンスもそうだったが、母父がダンチヒ系になると極端に使える脚が短くなるのは血統の宿命と考えるべきか。
戸崎が前走で脚の感覚を掴んだならば今回は仕掛けるタイミングに抜かりはないだろうし、モーリスにギリギリまで迫った昨年を再現できるか。
▲ロードクエスト
富士Sは11頭立てのスローを最後方から追い込むと言うさすがに無謀な展開。あれでまとめて差しきるようならダービーもぶっちぎってる。
それでも後ろからなのは変わらないだろうし、3歳馬がアグネスデジタルを最後に勝てていないが、人気で買うような人馬ではないので気楽な立場で直線に賭けてくれたら。
△イスラボニータ
弱いわけではないのだが、なかなか突き抜けられないままここまで来てしまった。ワンアンドオンリーのその後を考えたらあのダービーが一世一代のチャンスだったのかもしれない。
2番人気はちょっと見込まれ過ぎのような気がしないでもないが、フジキセキ魂で執念の2着に滑り込んできてほしい。


東スポ杯2歳Sまでの成績【5/130 -183450円】返還1800円 トリガミ2


受付するので早め>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク