パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ&京阪杯編)

2万5千円なり


昨日の修理代。
まぁ、新車で200万近く掛かることを考えれば0が2つ少ないだけで済んだとも受け取れるし、100万馬券2本獲れば良いわけだから前向きに行こう。
帯封なんて獲ったこと無いけど。


ジャパンカップ
◎キタサンブラック
例年は天皇賞・秋から転戦してくる馬が多いのに、今年は総大将クラス2騎が揃って前哨戦から直接ここに来た。まぁ、この馬は武豊を乗せるためにエイシンヒカリと棲み分けさせた感が強いけど。
1枠に入っても楽に逃がしてくれるわけはなさそうだが、反面じゃあ誰が競り掛けるのかとなると誰も嫌がりそうで案外あっさり逃げ切れそう。
○ディーマジェスティ
菊花賞はサトノダイヤモンドと世代の最強馬を巡る戦いになったが、やはりスローの京都では同じディープインパクト産駒でも母父ストームキャットに分があった。悪くない走りはできていたしまだ勝負付けは済んでないだろう。
今回は古馬と初対決になるが、皐月賞馬ながら東京もダービー3着を含めて複勝率100%の得意舞台だし堅実な母父ブライアンズタイムの血を活かしたい。
▲シュヴァルグラン
春の天皇賞でも期待された馬だったが戴冠までには至らず、一発がありそうでなかなか弾けないハーツクライ産駒にありがちな人気の裏切りかた。どうも狙いかたが難しい。
前走は鬼門のトップハンデを克服して重賞を勝ち充実一途。8枠を懸念しているが、ここ5年で4度は7枠より外が馬券に絡んでいるしこれで人気が落ちるようならむしろ買い。
△サウンズオブアース
まだ2勝しかしてないんだね…。と言うことは、あのはなみずき賞を最後に勝てていないわけか!
POGりんでお世話になったあとはあまりにも走らないので長らく無視してきたが、前走での勢いはなかなかのものがあったしデムーロ継続騎乗なら何とか圏内まで持ってこれないか。


京阪杯
◎ラインスピリット
2走前に最低人気でOPを逃げ切ると、返す刀でルミエールSも制して2連勝。一体どんな変わり身を見せる要素が加わったのか。
中間の調整も順調そのものだし、まずは激しくなりそうな先行争いを捌けるか。
○クリスマス
函館2歳S勝ち馬が5歳になって素直に1600万を勝ち上がる形で再びOPまで昇級してくるなんてかなりレアじゃなかろうか。大体1000万辺りで吹き溜まって地方に飛ばされるイメージ。
関東馬なので京都は初めてだが休み明けは過去に2勝していて問題ないし、来月になったら名前の関係で人気になるだろうから早いうちに予約はしておきたい。
▲セカンドテーブル
これまた2歳時に京王杯2歳Sを勝った経験のある馬。昔はあの辺をけたぐりみたいに勝っちゃうと逆に選択肢が狭くなって降級を待たないと相手も選べなくなったりするけどね。
京都1200はシルクロードS4着が一番悪い成績と言うほどの巧者で、京都での持ち時計も実は一番速いと言う実力なので水口がかなり隠れ蓑なんだな。
△ホッコーサラスター
北海道シリーズで2連勝して挑んだキーンランドCだったが、後手を踏んで後方からになってしまい上がり最速で飛び込んできたがさすがに遅すぎた。もう少し中団から競馬ができていれば少なくとも掲示板はあっただろう。
今回は仕切り直しの一戦になるが、これまでがあまり休み明けだと走らないのと京都での実績は1400に偏っているので1200での時計勝負にも対応できるか。


京都2歳Sまでの成績【5/132 -188250円】返還1800円 トリガミ2


90万円台が過去最高>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク