パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東京大賞典編)

本年のラスト


来年はホープフルSをここにぶつけると言う頭湧いてんのかみたいな日程ですが。
まぁ、昔のように競馬場まで行かなくても携帯からポンポン馬券が買える時代なので開催時期の一般市民における繁忙の多少は考慮に入れないと言ったところなのでしょう。
TCKや他の地方競馬も近年は電話投票からの売上げが半数を占めてきているし、今後はいかにビッグレース以外の平場競争にPAT組が興味を示すよう持っていけるかが生き残る道なのかもしれない。


東京大賞典
◎アウォーディー
前走のチャンピオンズCはコパノリッキーを目標に前が速くなり、追い込み勢が上位を占めるなか1頭だけ粘って2着。むしろあの展開なら負けてなお強しと言ったところ。
今回はメンバーが一気に手薄になりJRAの馬だけを気にすればいい状況だし、来春はドバイで会おうーディー(ごめんなさい)。
○コパノリッキー
JBCで武豊に弱点を突かれ、チャンピオンズCでは早めに被される展開で競馬にならなかった。元々スタートに難のある馬なのにコロコロ騎手を変えるのも悪影響じゃないだろうか?
さらに今回は戸崎にスイッチして気掛かりなのは変わらないが、昨年も前走12着から巻き返してきたしスタートさえうまく決まってくれたら。
▲ノンコノユメ
キン○マを取って軽量化に成功したが、逆にダウンフォースが効かなくなったのかここ2戦は結果が出ず。コミケも近いしノンケの夢を乗せて走ってくれ。
冗談はさておき…2走前は虚勢明け、前走はコパノリッキーを捕まえに行って皆がペースアップしたときに仕掛け遅れたのがすべて。乗り馴れたルメールに戻ればいよいよ叩き3戦目で一発があっても。
△ハッピースプリント
もう終わっただろうと見限っていたが浦和記念で大差を付けられたものの3着は確保。やっぱり南関東ナンバーワンの座は簡単に譲れない。
今回は前から行く馬と後ろに構える馬がハッキリ別れたし、ストゥデイム辺りと連携を組んで南関東2段駆けで勝機を見出だしたい。


有馬記念までの成績【7/151 -175820円】返還1800円 トリガミ2


わたしゃ現場派>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク