パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山金杯&京都金杯編)

仕事始め


どう足掻いてもこの日が我が社の仕事始めになってしまうので何とかずらせないものかと暗躍していましたが、本社がどうにも合わせないとおかしなことになるのであえなく断念した過去。
個人的に29日まで仕事しても文句はないんだがなぁ…。


中山金杯
◎マイネルフロスト
重賞だがほとんどディセンバーSの再戦と言うメンバー構成で、例年とは違った趣のレースになりそう。
その前走は押し出されるように前から行って、綺麗にマクられる先行馬の惨敗パターンだったし参考外。今回はクラリティスカイとマイネグレヴィルが逃げていくだろうから番手競馬で今度こそ。
○ツクバアズマオー
一昨年まではモタモタしていたところがあったが、昨夏から切っ掛けを掴んで急上昇。中山が得意ではあるがオールカマーでもゴールドアクターに肉薄して充実著しい。
休み明けの前走も久々を感じさせず差し切りいよいよ重賞制覇が見えてきたが、こういう好材料が揃いすぎたときにこけるのもステイゴールド産駒で。
▲シャイニープリンス
OPでは威張れる能力の持ち主なのだが重賞になると今二つと言った馬で、東京や中山みたいな中央場所から福島・新潟のローカルまでこなす器用貧乏っぷりがスペシャリストになりきれない感じ。
それでいて56.5キロは見込まれた気がするが、断然人気に応えるようなタイプの人馬ではないし内枠をうまく捌ければ。
△ライズトゥフェイム
近走は着順こそ奮わないが常に上がりだけは上位で使えており完全な他力本願。もちろんハマれば一瞬の決め手ならヒケは取らないとも言えるが。
今回は逃げ馬が揃ってようやく展開も向きそうだし、最後の坂で大逆転を狙っていきたい。


京都金杯
◎エアスピネル
やっぱりマイル路線に舵を切ったなぁ。菊花賞3着だから京都記念か中山記念くらいから始動しても良いと思うけど。
人気になるのは致し方がないが、あまりこの母系を好き好んで頭から堂々と買うのは気が知れない。
○ケントオー
前走は休み明けで関東に遠征し、乗り替わった松岡が何故か久々に先行をして13着に大敗。何がしたかったのかすべて不明の一戦だった。
それでいてリゲルSやタンザナイトSは回避してここへと言うローテも謎だが、忘れた頃に京都得意のダンスインザダークが炸裂してくれたら。
▲フィエロ
もうこの馬をいつ買っていつ消せばいいのか皆目わからん。簡単に見分けられるポイントがあるならご教授願いたいレベル。
マイルCS2着があって比較的得意な部類に入る舞台だろうから、フォーリーが何とか新味を引き出してくれたら。
△アストラエンブレム
本当はこの馬を本命にしたかったが、京都1600で7枠14番はちょっと厳しいところに入ったので。その割に人気なのも少し気掛かり。
ただ、3歳春に重賞でも上位争いをした馬だし、1600ならエアスピネルより慣れている分だけ一日の長がないか。


成績【0/0 0円】


来年こそ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク