パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(愛知杯編)

開催するかな?


全国的に寒波が襲来して雪による中止や変更事項などが出るかもしれませんが、とりあえず予想は更新。


愛知杯
◎プリメラアスール
エリザベス女王杯ではブービー人気ながらスローペースにも助けられて5着に健闘。逃げ馬がよく穴を開けるレースだけに人気だけでは侮れない怖さがある。
今回も人気どころが揃って後ろからになりそうで再び展開は向きそうだし、開幕週の芝を味方に付ければ前走以上があっても。
○ヒルノマテーラ
若い頃は先行していたレースもあったが、最近は後方から脚を伸ばす形が合うようでマーメイドSのように最後の上がりが掛かる馬場や展開が好走に不可欠。
トップハンデを背負わされたがGI馬みたいに58キロとか課せられたわけじゃないし、神経質になるほどの斤量でもないはず。
▲マキシマムドパリ
秋華賞3着や昨年のこのレース4着など実績は十分あるのだが、何故か重賞だと3着までになるため本賞金が稼げず未だに1600万下で燻っている。お母さんも似たような成績だったが、何もそんなとこまで似なくたって…。
こういうタイプは緩い流れより重賞の厳しい展開のほうが合っているだろうし、最後まで息を残さない岩田のような騎手のほうが力を発揮できるのでは。
△サンソヴール
デビュー当初は血統の割にかったるい競馬しかできなくてキングカメハメハと言うよりダイワメジャーのハズレ産駒みたいな馬だったが、園田で勝ち癖を付けて帰ってきたら先行から押し切る形しかできない完全なダイワメジャー産駒になってた。
そのくせ非力で好走は平坦小回りか軽い馬場の東京くらいなので、今後も開幕週渡り鳥で直線が平坦なコースに出て来たら注意が必要かも。


フェアリーSまでの成績【0/4 ―9600円】


ダート1900になったりして>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク