パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(AJCC&東海S編)

昨日の若駒S


冗談で馬連5頭ボックスなんて馬券を買ってしまったが、まさかの最低人気決着でプラスに。
どうやらほとんどの賭け式で最低人気馬券になっていたらしく、かなり珍しい事態に遭遇できた模様。
ウケ狙いでもやってみるもんだねぇ。


AJCC
◎ゼーヴィント
ディープインパクト産駒のローカル担当を振り払うべく中央場所での重賞が欲しいのか、小倉大賞典ではなくここに狙いを定めてきた。ダコールが衰え著しいし、世代交代してほしいんだがなぁ。
あまりディープインパクト産駒と相性の良いコースではないが、福島で重賞勝ちがあるように小回りは得意にしているので年明けから人気馬を飛ばしまくる戸崎がやらかさなければ。
○シングウィズジョイ
スローペースに恵まれたとは言え2着に粘ったエリザベス女王杯からターコイズSでも愛知杯でもなく牡馬相手のここ。しかも関東遠征してまでぶつけてくるのは何か勝算があってのことなのか。
今回は逃げ馬もそれなりに揃って楽な展開になりそうな気配はないが、定量戦で54キロなのは魅力だし内枠からうまく抜け出してこれたら。
▲クラリティスカイ
距離延長だと…!?
てっきり前走できっかけを掴めたし中山記念→マイラーズCくらいのローテで行くか、もう一度だけフェブラリーSでダート挑戦するのかと思ってた。
あまり良い条件とは思えないが、東京新聞杯みたいな上がり勝負よりは勝ち目がまだありそうなので。
△リアファル
神戸新聞杯を勝って菊花賞でもキタサンブラックの3着に入ったが有馬記念で大敗を喫すると長期休養。いい形で来ていただけに無理せず翌年からだったらと思わずにはいられなかった。
前走は5着ながら復調の気配は感じられたし、中間の稽古からもやる気は伝わってきたので先行してどこまで。


東海S
◎ピオネロ
ホッコータルマエが引退、アポロケンタッキーが東京大賞典を勝ったことで再び混沌としてきたダート路線。徐々にアウォーディーがジャングルポケットの悪い意味でらしさを発揮してきたのが一番の原因。
まずは誰が先鋒になるかの一戦だが、珍しく逃げ馬不在で流れが落ち着きそうだし休み明けでも先手を奪えればスンナリまで。
○ロワジャルダン
みやこSを勝ってからは掲示板は外さないが連対までは届かないレースが続いていて、GIになるとさらに掲示板にも載れないでいる。前でも後ろでも競馬はできるが、器用貧乏なのも拍車を掛ける感じ。
昨年も3着だったが、本番よりもトライアルで買うようなイメージになっているし地方交流で妙な人気になるまえに押さえたい。
▲アスカノロマン
買うと来ない切ると来るの典型みたいな馬で、タイミングが合う人はずっとおいしい馬券にありつけているんだろうなぁ。人馬ともに買い時がもうひとつ掴めない。
前走を見てもわかるように地力はメンバー中でも上位なのは間違いないが、どうにも本命を打つような度胸がない。
△カラクプア
キングカメハメハ×リリウオカラニと言うハワイの人たちからしてみればソフトバンクのあのCMみたいな配合。桃太郎×かぐや姫みたいな。
3連勝で勢いに乗っていたのに三浦の落馬で乗り替わりになりリズムを崩していたが、藤岡康が3戦してようやく脚の使い方を心得てきたし重賞初挑戦でも。


日経新春杯までの成績【0/7 ―16800円】


買わなきゃ当たらない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク