パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

2月どすえ


例年、このレースは平日の昼間に開催されるので適当な理由を付けては有給を取って見に行ってたのですが、今年は2月1日と言うことで棚卸しと被ってしまい休めず。
1月のレースと言うイメージなので来年は1日だけは避けるように開催していただきたい。


川崎記念
◎ケイティブレイブ
前走の名古屋グランプリはアムールブリエに完敗の2着だったが、アドマイヤマックス産駒だし2500は少し長かった。2000でも血統の印象からすれば長く感じるほど。
この路線も東海Sをグレンツェントが快勝し、いよいよ世代交代の波が押し寄せてきているので今の勢いで地方GIから制覇していきたい。
○サウンドトゥルー
チャンピオンズCは展開にも恵まれて鮮やかに差し切ったが、続く東京大賞典では早めに抜け出したアポロケンタッキーを捕らえられず3着。追い込み馬の宿命とは言え、暫定王者として角番脱出にはやはり自力勝負で退けたい。
今回も実績はナンバーワンだが、小回りの川崎で外枠に入りスタートで後手を踏めば最後に届かない展開も有り得る。
▲バスタータイプ
昨年のマーチSで2着に入り重賞への足掛かりを得たと思ったら長期休養。毎年5~10月くらいまで走らないのでかなり夏負けがひどい馬なのだろうか?
久々の前走は馬体もモッサリでいかにも一叩きだったしスタートも一息。使われて上がってきたなら父ホワイトマズルだし2100への距離延長も歓迎の口。
△ケイアイレオーネ
南関東を始め、地方へ移籍する馬にもJRAで通用しない他に「地方交流重賞に地方馬として出走したい」と言うのが少なからずあると思う。もちろん中央の調教施設や飼葉の質とか諸々のデメリットは考慮すべきだろうが。
この馬も中央時代にはシリウスS5着があり、前回このレースに挑戦したときが6着。成績こそ飛び抜けているわけではないが、川崎コースではその後オール連対だし水に慣れたところで一発に期待。


根岸Sまでの成績【0/11 ―26400円】


やきもき>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク