パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

長崎は今日も雨だった


昨日のランタンフェスティバルから危ない天気になってましたが、朝から見事に土砂降り。
歌通りの天気で雨なのに満足。


東京新聞杯
◎プロディガルサン
去年の今頃はクラシック有力馬の1頭に数えられたが、順調さを欠いて不完全燃焼。やはりダービーは万全の状態で出走できる運の強い馬が勝つ。
活躍馬の多いディープインパクト×ストームキャットの配合だが、本質的にはどんな距離でも直線だけのスタミナを問われない舞台で好走が目立つので少頭数のここなら休み明けでも。
○ロイカバード
新馬戦やきさらぎ賞など節目の大事な一戦でサトノダイヤモンドの後塵を拝してきた馬。もちろん相手が悪かったと言えば悪かったわけだが。
それを考えたら昨秋の条件戦はまさに戦ってきた相手が違うと言えるし、まだ信頼できるほどではないが素質や伸び代はまだまだあるはず。
▲ヤングマンパワー
富士Sも制して勢いのあるまま参戦したマイルCSだったが、今まで通りの先行ができずに見せ場もなく惨敗した。スニッツェル産駒がGIでどこまでやれるかの試金石だっただけに、種牡馬繋養先のショックも大きかっただろう。
今回は仕切り直しの一戦だが逃げ馬はマイネルアウラートくらいで楽に先手は奪えそうなので、番手に付けて押し切る本来の形に持ち込めれば。
△マイネルアウラート
ここまで勝ち鞍は3番手以内に付けたときばかりで、行ければ勝ち負け行けなきゃ惨敗のわかりやすい馬。それにしてもステイゴールドで逃げ馬は珍しい気がする。
昨年も3着に粘っていて今年は単騎逃げが見込めそうだし、人気どころが後ろで牽制する間にスイスイ逃げ切りたい。


きさらぎ賞
◎スズカメジャー
安直なネーミングセンスと言えばロジのオーナーだが、そう言えばこの人の活躍馬も安直な名前の方が走りますな。凝った名前で未勝利だと恥ずかしいし、そんなものかね。
母は短距離で鳴らしたスプリングサンダーでダイワメジャー産駒なのに2000の新馬戦を快勝。変わり種が出たなら1800でも対応は可能と見る。
○サトノアーサー
デビューから2連勝で、いずれもスローを後方からキッチリ差し切るディープインパクトの模範的産駒。こういうのをファンが求めていると、よくわかっていらっしゃる。
パンパンの良馬場なら黙って本命を打ちたかったが、母父がデインヒル系リダウツチョイスで湿った馬場は少し怪しい気はする。
▲タガノアシュラ
クラシックで困るからと差しの練習はさせているのだが、どうにも逃げないと競馬にならないようで。いっそのことアイネスフウジンを目指したって良いじゃない、競馬だもの。
マンハッタンカフェ×パラダイスクリークだと、再来年には佐賀記念のほうに出てそうだな…。
△エスピリトゥオーゾ
これもダイワメジャー産駒で祖母は桜花賞戦線でも活躍したリトルオードリー。それでも勝ち上がりは2000。
やっぱり血統のデータなんてのは覆すためにあるものと考えて、ちょっと普段は買わないような馬にも印を打ってみよう。


川崎記念までの成績【0/12 ―28800円】


胴長は今日もダメだった>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク