パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

ジャパン


昨日、アイスホッケーを見ていたら「スマイルジャパン」と出てきて、そんな愛称あったのか…と。
野球の侍ジャパンや、サッカーの監督+ジャパンはかなり浸透しているし、フェアリージャパン(新体操)とかマーメイドジャパン(水泳シンクロ)なんかは名前でイメージができるが…。
仮に近藤オーナーがドバイやアメリカBCをジャックするために軍団で遠征したら「アドマイヤジャパン」になるのか。いたな、そんな馬名のやつ。


共同通信杯
◎スワーヴリチャード
よそのPOG馬で2着がやたら多い今年の成績を物語る存在。こういう馬を安定して指名できれば上位争いにも加われるんだが。
前走はバトルプラン産駒に差し切られたのが気に入らないが、クラシックで弾かれないためにも2着以上が欲しい。
○エアウィンザー
新馬戦でムーヴザワールドに僅差で敗れたが、未勝利をすぐに勝ち上がって500万でも2着。素質は秘めている感じだが、やっぱりこの母系は詰めが甘いタイプが多い。
格上挑戦で重賞は普段なら厳しい条件だが、下手にスローの中距離500万を使うよりは地力を問われるレースのほうが競馬をしやすそう。
▲アサギリジョー
未勝利を勝ち上がった時にはマイネルスフェーンを下したが、葉牡丹賞→京成杯と中山で結果を残せなかったのはジャングルポケット産駒らしい。
今回は東京に戻って直線の追い比べになれば戦えそうだし、そろそろ石川も重賞で結果を出さないと乗せてもらえなくなるぞ。
△エトルディーニュ
早くも今回が9戦目で、地方馬のサイバーエレキングですら10戦目なのを考えたら頑丈な馬。もう買ったときの費用はペイしたのではなかろうか。
勝ち上がりこそ札幌1800だが今のところ東京>中山タイプの馬だし、ソウルスターリングと接戦を演じていた経験をここで活かしたい。


京都記念
◎マカヒキ
凱旋門賞は14着に大敗したが、勝ってたらそれこそお祭り騒ぎだっただけにいっそのこと見せ場もないほうが納得できる。オルフェーヴルみたいな負けかたはどうにも腑に落ちない。
帰国緒戦と言うことで別に思い入れも応援の気持ちもなく、素直にどの程度の仕上げをしているのか計ってみたい。
○ミッキーロケット
年明け緒戦の日経新春杯では辛勝ながら1番人気に応えて1着。シャケトラとの叩き合いはなかなか見応えがあってできれば生で見たかった。
世界レベルの2頭を相手にしていよいよ試金石になるが、向こうが休み明けな分だけ付け入る隙があれば。
▲サトノクラウン
一昨年の天皇賞・秋でもう能力は頭打ちかなと思っていたら、香港ヴァーズをぶっこ抜くんだから日本のクラシックディスタンス路線は妙にレベルが高い。まぁ、この馬は外国産だけど。
こちらも久々になるが京都2200みたいな半端な距離は巧拙が露骨に出るので、昨年の重馬場を苦にしなかったことからも実はこのコースの鬼だったりして。
△ガリバルディ
永らく1600路線の追い込み馬として悩ましい存在になっていたが、最近はテンに付いていけなくなっていて距離を延長してきた。
京都新聞杯3着があるので距離に不安はないだろうし、ヤマカツライデンが逃げ宣言をして目標も見やすいだろうから早めのマクリをカマして場内を沸かせて欲しい。


クイーンCまでの成績【0/15 ―36000円】


一番古いのは日の丸飛行隊かな?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク