パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(アーリントンC編)

次々と…


春の中山・阪神開催が始まるといよいよGIシーズンも開幕してくるワクワク感が出てきますが、そんな中で高松宮記念に出走予定だったダンスディレクターとビッグアーサーが故障で回避。
昨年の香港スプリントを見ても1200路線は世界に比べて欧州並に置いていかれ気味だし、香港馬が遠征してきたら調教代わりに持って行かれるんじゃ…。


アーリントンC
◎ペルシアンナイト
前走のシンザン記念は3着に敗れたが、残り4ハロンがすべて12秒台でしかもどんどん遅くなる特殊なレース。ハイペースと重馬場によるものだしすべて参考外でいいだろう。
デインヒル系のハービンジャーだし開幕週で時計勝負になってこそだろうから、天敵のディープインパクトやキングカメハメハ産駒がいない今回はGIへ向けて負けられない。
○ディバインコード
1400~1800で安定した力を発揮していて、マツリダゴッホ産駒と言うよりは母父のヘクタープロテクターらしいと言ったほうがしっくり来る馬。
京王杯2歳S3着があるように重賞でも戦える能力は証明済みだし、母のツーデイズノーチスもアネモネS勝ちがあるのでこの時期のトライアルは狙い頃。
▲スーパーモリオン
デビューからずっとダートを使われていて、前走で500万を勝ち上がって芝に挑戦してきた。まだユニコーンSには間に合うだろうから出してみたくなる気持ちはわからなくもない。
アーチアーチアーチ×デビルヒズデューだから日本の種牡馬に例えればシンボリクリスエス×タイキシャトルみたいな血統だし、芝1600のGⅢならこなしても不思議はない。
△ヴゼットジョリー
こっちに出るの…?
ステイブルスターだとチューリップ賞に出たら厩舎に置いとかないといけないからアーリントンCに出て放牧→中1週で桜花賞みたいなことをやるけど。
ソウルスターリングにお手上げだからみたいなネガティブな理由だったら悲しいが、牝馬だけど数少ないGI経験馬だけに格の違いで上位に食い込みたい。


フェブラリーSまでの成績【0/21 ―50400円】


今年は来るのか?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク