パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

変なところが


朝から妙に右胸が痛くて目が覚める。
ちょうど筋肉と骨の中間くらいで、寝返りを打つと見事に激痛が走り、かといって寝相の悪い私は真っ直ぐした姿勢では寝られないのでどうしようもなく。
痛めるほど仕事はしてないはずなんだが…?


中山記念
◎ツクバアズマオー
今年から大阪杯がGIに格上げされたことによりドバイ遠征組と国内組の両方からメンバーが集まってきて例年以上に難解な一戦。日経賞と阪神大賞典は死にレースになるだろうな。
目標が先にある馬が揃ったレースだし、オールカマーでゴールドアクターに迫った能力と最近の充実ぶりなら一流どころに一泡吹かせられるかも。
○リアルスティール
ドバイターフを勝つ実力馬でもあり、まだ国内では2勝しかできていない馬でもある。意外とステイゴールドみたいに海外で集中して走ればもっとGIを勝てる馬なのかもしれない。
ダービーやジャパンCでも掲示板に載れているが、本質的にはマイラーに近そうな馬なので1800くらいが一番走りやすいだろう。
▲アンビシャス
素質は誰もが認めるところなのだが、いかんせんトライアル馬でGIになると噛み合わせが悪くなるのか作戦が悉く裏目に出る。前走のノリポツンも馬主に心証悪かったのかルメールに乗り替わりとなった。
昨年のこのレースも最後にあわやの末脚で突っ込んで来ていたし、いつものトライアル馬を演じるならここで買い。
△ヌーヴォレコルト
長期海外遠征ではGI奪取こそならなかったが、GⅢでは結果を残して力が衰えていないことは示せた。慣れない環境でも調子を持続できたのは今後にも繋がることだろう。
あまりスローの瞬発力勝負にはしたくないだろうから、マイネルミラノとロゴタイプがハイペースで引っ張ってくれる今回のほうが展開は向きそう。


阪急杯
◎シュウジ
NHKマイルCの頃には「終わった馬だな」と思っていたのが、サマースプリントシリーズで息を吹き返してスプリンターズSでも4着に好走。近年は新潟2歳S勝ち馬のほうが怪しくなっていて、何か秘密があるのだろうか?
毎年フルゲートになるレースが今年は少頭数で好調馬も少なく仕方ない面もあるが、フジキセキ系キンシャサノキセキ産駒で一本被りに人気を背負っているのはちょっと不安。
○ブラヴィッシモ
阪神芝では一度も掲示板を外したことがなく、昨年もミッキーアイルと大接戦の3着。その後は不振でクラス降格もあったが再び阪神1400でOPに昇級してきた。
こちらも内枠にコース適性を買われて人気になっているが、引退する武幸に兄から手向けの勝利なるか。
▲テイエムタイホー
2年前のタンザナイトSから勝利に遠ざかっていて、最近は1600前後で行けず粘れずと二桁着順が続いている。明けて8歳だしそろそろ潮時と言う気がしないでもない。
ただ、短距離重賞にしては珍しく何がなんでも逃げたいような馬が見当たらず、久々に単騎逃げが叶いそうなメンバーなので前を可愛がってくれるような展開になれば粘り込みも。
△ムーンクレスト
アドマイヤムーン産駒は中距離でデビューしても徐々に短距離にシフトして結果を残す馬が多く、やっぱりエンドスウィープなんだなぁと言う種牡馬。ダンチヒもチーフズクラウンは中距離だったがグランドロッジでマイラーに戻ってくる感じか。
人気はないが3歳時にも単勝万馬券できさらぎ賞5着やプリンシパルS4着など見せ場を作った馬だし、下手に1番人気にならない時のほうがかえって不気味。


アーリントンCまでの成績【0/22 ―52800円】


でもウインズには行く>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク