パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神スプリングJ&金鯱賞編)

3.11


なんですが、いかんせん当時は白いお部屋に隔離されていたので日本に居ながらリアルタイムで目撃していない珍しい人間。
解放されてから新聞や動画でようやく知ったよ。


阪神スプリングJ
◎オジュウチョウサン
一昨年まではステイゴールド産駒らしい安定感に欠ける一発屋だったのが、昨年の中山GJをきっかけに大変身。重賞4連勝で中山大障害も締めて見事に最優秀障害馬のタイトルを手に入れた。
今年は文字通り迎え撃つ立場になるが、これといって新味を感じるメンバーもいないしJGI連覇へ向けてまずは足慣らし。
○タイセイドリーム
昨夏に障害へ転入すると初戦こそ行き脚が付かず4着だったがその後はすべて馬券圏内。新潟ジャンプSではアップトゥデイトを破る金星も挙げた。
続くレースではオジュウチョウサンやサナシオンに敗れたものの、イルミネーションジャンプSで中山コースにも対応できたし充実著しい今なら逆転も可能。
▲オースミムーン
約1年ぶりの復帰戦だった前走は、輸送で大きく馬体を減らしながら中団から伸びて5着。勝ち馬が逃げ切る展開のなか頑張った方だろう。
距離が3200を越えると成績が落ちるのでここもあまり信用できないが、実績は十分なので叩き2走目で前進を期待。
△グッドスカイ
平地では1勝もできないどころか1秒以上負けたレースばかりだったのが障害に転入すると2連勝。OPでもいきなり結果を出して血統の能力を発揮した。
前走は10頭立てでスローペースだったのが明らかな敗因だし、同じ少頭数なら重賞のほうが流れが厳しい後ろ有利な展開になるだろうから無欲の追い込みでどこまで。


金鯱賞
◎プロディガルサン
マイルに転向した前走は、いくらなんでもと言うスローで2着まで。あの展開からよく追い上げてきたと誉めるべきだろう。
阪急杯やダービー卿CTなどの番組を蹴ってここに出てくる辺り陣営の色気が見え隠れするが、左回り2000は適性の範囲内だろうから次を楽に出走するためにも連対以上が欲しい。
○サトノノブレス
昨年の成績を見てて笑ったのが、前哨戦好走→GIで大敗→また前哨戦好走と繰り返していたこと。綺麗なテレンコは新聞の馬柱もシマシマで綺麗。
中京芝は4回走ってすべて馬券圏内の得意舞台だし、まさにGI前の前哨戦なら狙っても良いのでは。2着で。
▲タッチングスピーチ
すっかり追い込み一辺倒の不器用なディープインパクト産駒に成り下がって…。母父サドラーズウェルズはこれだから困る。
開幕週で経験の乏しい中京コースだが、それを見越して逃げ馬がハイペースで引っ張るかヤマカツエースを目標に早目に動く展開になれば最後に逆転も。
△ヒストリカル
明けて8歳だしもう終わったかなぁなんて考えていたが小倉大賞典2着。ここの兄弟はホント高齢になっても侮れない。
さすがに好位から鮮やかに差し切る競馬はできないだろうが、タッチングスピーチが届くような状況になれば引っ付いて3着に飛び込んでも。


弥生賞までの成績【1/27 ―18080円】


先に脳みそが風化してます>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク