パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ファルコンS編)

他人の空似


レープロの新人騎手紹介ページを見て思ったこと
木幡育→幼い頃の安倍晋三
川又→銀魂の方のジャスタウェイ
にしか見えなくて困る。


ファルコンS
◎ナイトバナレット
前走は中山1600と言うトリッキーなコースで最後方からブッコ抜く派手な追い込みを決めた。相手がアーリントンC3着のディバインコードだったのも価値がある。
現状は追い込み一手の不器用なタイプだが、そういう馬でも届きやすい展開になりやすいので再度期待。
○マイネルバールマン
デビュー前から意外と評判の良かったジョーカプチーノ産駒だが、父の勝ったこのレースに2頭の産駒を送り込んで来ており侮れない存在。先週もローエングリンが重賞勝ち馬を出しているし、こんな馬をPOGでも指名できるようになりたいものだ。
前走はスローの上がり勝負に泣いたように、ハイペースのズブズブ決着に活路を見出だす馬なので前が速くなりそうな今回は最後まで伸びてきそう。
▲ジョーストリクトリ
もう1頭のジョーカプチーノ産駒だが、こちらは前走で重賞を経験して5着。中団からうまく脚を溜めていた印象だったが流石に開幕週のパンパンな芝では分が悪かったように見える。
1ハロン短縮で内枠も引いたし、追走に戸惑わなければ巻き返しのチャンスは十分にある。
△エントリーチケット
チューリップ賞でも印を打ったが、1~3番手に付けた馬が見事にビリから3頭を占めると言う前崩れを誘発してしまいノーカウント。あれでソウルスターリングに勝てるならもう世界は獲れてる。
中京芝では中京2歳Sでディーパワンサの2着、つわぶき賞ではアネモネS2着だったディアドラを下しているし得意舞台に戻れば大外枠でも。


フィリーズレビューまでの成績【1/31 ―27480円】


(`v´)←横山武>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク