パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

野球の時間だぁああああ!


センバツが開幕してWBCもあるし、テレビを見ていられるのは嬉しい。
清宮VS安田のスラッガー対決も楽しみですが、個人的に注目は不来方。
10人でも甲子園でやれるところを見せてくれたら。


スプリングS
◎サトノアレス
朝日杯の時に「今年の世代はディープインパクト産駒が手薄だな」なんて言ってたら唯一の出走馬だった彼に勝たれてしまい閉口。どこまでも呆れるほどに天下は続く。
2歳王者の復帰戦は賞金も足りているだけにあまり仕上げてこないが、まずは恥ずかしくない競馬で形は作りたい。
○モンドキャンノ
京王杯2歳Sの勝ち馬だが、キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーと言う血統を1600で嫌われて人気がなかった朝日杯FSでも2着に入り能力の高さを見せてくれた。
今回はさらに1ハロン延長されてどうかだが、過去にもフジキセキ産駒が好走しているのでマイラー向きのレースになれば。
▲エトルディーニュ
重賞初挑戦だった共同通信杯はスワーヴリチャードにはちぎられたものの2着を死守。人気はなかったが、伊達にソウルスターリングやサトノアレスと接戦をしてきたわけではない。
またも人気薄だが、下手に注目されないときのほうが面白い存在だろうから今後も5番人気以下なら要注意。
△オールザゴー
先行したときは馬券圏内、後方からになったら7着とハッキリした結果になる馬。前走は番手に付けた馬が惨敗するなか、エルフィンS勝ち馬サロニカから逃げ切り2勝目を挙げた。
逃げるのか控えて番手からなのかでペースのカギを握ることになるが、賞金が足りないだけに半端な競馬はしてほしくない。


阪神大賞典
◎サトノダイヤモンド
仕方ない。
これがマカヒキやディーマジェスティならディープインパクト産駒だから3000は~と言えるのだが、いかんせん菊花賞馬にそのセリフは吐けない。
勝ち負けよりも着差に注目したい。
○シュヴァルグラン
トリガミ覚悟。
阪神3000と言う特殊な舞台だけにリピーターが強いレースでもある。
よほど仕上がりをマズってない限り一騎打ち。
▲スピリッツミノル
上記2頭に土を付けられる馬がいるとは毛頭思わないが、敢えて挙げるならこの馬。
最近は追い込みで競馬をしているが、3歳春には逃げて3連勝を飾りクラシックに駒を進めた実力馬。内枠から久々の逃げを決めたらすみれSの再現も。
△タマモベストプレイ
この兄弟はどんな適性を持っているんだい?現代のカミノクレッセか。
フジキセキ産駒だが万葉Sを勝っていて短距離志向の強いスローならこなすだろうから、誰も逃げなかった時の3着争いで。


ファルコンSまでの成績【1/32 ―29880円】


市立呉なんて学校あったんか…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク