パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

ヴィブロス勝ったねぇ


予想で1頭も日本馬を入れなかったように、雨が降って力のいる馬場になったら厳しいかなと予想したため。
それでもインコースから途中で進路を外に切り替えて伸びてくるわけだから4歳世代はかなり高いレベルで凌ぎを削っていたんだなぁ。


高松宮記念
◎メラグラーナ
デビュー当初はダートや中距離など適性を計るために色々な条件を使われていたが、やっぱりダンチヒ系らしく芝1200路線に落ち着いた。母系がダート型なのでパワーも補完され、坂のあるコースに負けないのも強み。
雨でグシャグシャだった京阪杯は大敗したように、時計勝負の芝でこその馬なので天気が持ってくれたら。
○レッツゴードンキ
桜花賞の勝利から長いスランプに陥っていたが、昨夏のサマースプリントシリーズで復活すると前走で久々の勝利。馬体重も500キロまで増えて、まさか身籠ってないよな?
昨年は見せ場もなく沈んだが、好調さを取り戻した今なら勝ち負けまで。
▲セイウンコウセイ
こちらも勝ち上がるまでに様々な条件を使われていたが、最終的に直線平坦な1200に目標を定めて躍進。関東馬だがわざわざ京都まで出向くあたり、かなり絞って狙ってきている。
昔の中京ならベストの条件だが、坂を設定された今の状況でどうなるかで今後の路線も変わりそう。
△ソルヴェイグ
クラシックで大敗を喫すると、桜花賞で早くも路線を1200に切り替えて立て直し復活。スプリンターズSでも3着に入って存在感を見せ付けた。
GIがギリギリの馬体重で頑張った後だし、休み明けで馬体重も増えすぎた前走は度外視。改めて仕上がれば再び浮上しても。


マーチS
◎ロンドンタウン
芝コーススタートの武蔵野Sと後方からになってしまった東海Sでは競馬にならなかったが、スムーズに先行できた佐賀記念では力強く押し切り重賞初勝利。カネヒキリも芝を無視すればもっと出世できる産駒を出してくれるだろう。
今回は中央の重賞に替わって同じような競馬ができるかだが、1600万を中山ダ1800で勝ち上がっているし不得意な舞台ではないはず。
○ショウナンアポロン
昨年の勝ち馬だが逃げ馬の宿命だけにマークされると厳しいレースが続く。地方交流のように付いていけない馬がバラけてスローに落とせるのと、中央のように誰かが付いてきて共倒れになるのでは大きく違う。
同型が何頭かいるのはいつも通りだが、逃げないと結果が出ていないので内枠からポンと飛び出したい。
▲メイショウスミトモ
ケイティブレイブに勝ってOP入りしたが、重賞ではなかなか出番が回ってこずOP特別なら何とか掲示板に載れる程度。勝ちきるにはもう少し工夫か作戦の変更がいるかも。
広いコースより小回りの集中力を切らさないコースのほうが良さそうなので、最後に差しが届くようなペースになれば。
△コスモカナディアン
地方交流重賞の出走形態が変わったお陰で川崎記念に出れて3着に飛び込んだが、続く仁川Sでも2着に入って充実著しい。インカンテーションやアスカノロマンには悪いが、勢いのある馬が挑戦できないとミスタートウジンやノボジャックが居座ってしまう。
能力は申し分ないが、人気に応えて快勝するようなタイプではなさそうなので少し評価は下げる。


ドバイワールドカップデーまでの成績【1/40 ―49080円】


エピカリスも惜しかった!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク