パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

武田寿司


2chの野球関係でよく見られるクローザーが登板すると立てられるスレだが、最近あったタージ・マハルVSパットン戦車団が秀逸すぎて笑う。
贔屓のファンはハラハラしながら見てるんだろうけど、他所から見ていたら両方を応援したくなるから不思議。文才のなせる業だろうか。


フローラS
◎アドマイヤローザ
新馬戦は2着だったが負けた相手は弥生賞4着のベストアプローチ。前走も2着で負けた相手は桜花賞を直前に回避したサロニカと、人気よりも走っていて今回もまた上位ではあるが人気のないほう。
2ヶ月ぶりだが未勝利は2000で勝ち上がっているし、ハービンジャー産駒だが意外と距離延長したほうが合っているかも。
○レッドコルディス
取消を挟んだ前走は最速上がりで突っ込んできたものの5着まで。母系はスマートストライク×ダンチヒながら2400の500万に登録していたりとハーツクライらしさが全面に出ているのだろう。
このレースに相性の良い君子蘭賞組で、1ハロンでも長いほうが良さそうだし外枠を克服すれば。
▲タガノアスワド
つばき賞ではファンディーナのハナを叩いて行く積極的な競馬をして2着に健闘。相手はフラワーCも楽勝していたし仕方ない面もあったが、後続に抜かれない根性も称えるべき。
あまり東京2000の逃げ馬は力が抜けていないと頭までは苦しいが、無理に逃げたいような馬もいないしスローに落とせれば一発まで。
△フローレスマジック
アルテミスSやクイーンCでも好走のある実績馬だが、まだ自分のエンジンを伝えきれていない感じ。イメージとしては一番軽いギアで全力漕ぎする自転車みたいな。
桜花賞をパスしてオークス路線に絞ってきたが、果たして突き抜けるまではどうだろうか?


マイラーズC
◎ブラックスピネル
東京新聞杯はデムーロマジックと言うか他の騎手の怠慢と言うか、まんまと逃げ切るとはこのこと。あんな古馬1600重賞なんてなかなか見られないだろう。
なんて言ってたら今回も少頭数で逃げ馬不在と言う似たような状況で、安田記念に向けて無理をしないといけない馬も見当たらないし同じ競馬を見せられるような気がしてきた。
○フィエロ
高松宮記念は勝てるような雰囲気があったんだがなぁ…。初めての1200でテンの速さに付いていけずに終いだけ伸ばすと言うありがちな失敗パターンに嵌まってしまった。
仕切り直しの今回は内埒の鬼・福永を鞍上に配してインベタのインを突く気マンマンなので、前さえ開けば2着はある。2着は。
▲ダッシングブレイズ
昨年の東京新聞杯まではいいリズムで来ていたものの、競走中止を経験して精神的なダメージを負ったのかチクハグな競馬が続くようになった。別に展開が悪いとか相手が強すぎたとかではなく、単純に力負けしていく感じ。
それが半年の休養明けだった前走では見違えるような脚を使えていたし、スランプを脱した今ならパンパンの京都芝でも追い比べに参加できるのでは。
△イスラボニータ
1400~1600なら世界中どこに行っても2着は獲れるフジキセキクオリティ。せっかくだからムーランドロンシャン賞やBCマイルみたいにウイポローテに乗せてみたい。
京都1600はマイルCS2着があるように不得意ではないが勝ち切れてもいないコースだし、賞金も足りていて今年緒戦なら思い切る必要もないだろうし3着まで。


福島牝馬Sまでの成績【1/49 ―70680円】


カープは笑えねぇなぁ、中崎パンダよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク