パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(青葉賞編)

ゴールデンウィーク


世間様は大型連休に入り、我が社も製造業なので車メーカーほどではないにしても「ゴールデンウィーク?何それ美味しいの?」と言うような職場でもなく普通に2連休→2日仕事→5連休。
上司のように子供にせがまれてテーマパークへ行くような忙しい連休のほうが怠惰に惰眠と競馬を貪る人生よりも充実してるように見える。自分のためだけではない人生の使い方。


青葉賞
◎ポポカテペトル
京成杯はスライド開催に前崩れの展開も相まって力を出し切れなかったが、仕切り直しの前走では番手からしっかり折り合って力強く抜け出した。ディープインパクト産駒だが、母父がダート色に寄ると後方からよりも先行させるほうが良いのかもしれない。
例年フルゲートになることが多いレースなのが、今年は12頭と再びスローペースになりそうなので番手から競馬でもう一丁。
○アドミラブル
新馬戦は8着だったが、評判馬が多数集まったレースだったし喉鳴りの影響もあったようなのでノーカウント。回復してからは2連勝して何とかダービー路線には間に合った。
血統的にも期待値は高いが、ディープインパクト×ヘイルトゥリーズン系は善戦マンになりがちなのと音無厩舎は妙な血統のほうが走る印象があって。
▲ダノンキングダム
中京と東京で勝っていて敗戦は京都と言う典型的なサウスポー。ゆりかもめ賞を勝つと皐月賞トライアルには目もくれずここに照準を合わせてきた。
ステイゴールド×アザムールの重厚さを感じさせる血統だけに、ディープインパクト軍団より早めに動いて勝機を見出だしたい。
△ベストアプローチ
京都2歳Sでも弥生賞でもそれなりの競馬はできるのだが一押しが足りない。日本だとガリレオもフランケルもやっぱりサドラーズウェルズ系なのか。
それだけに2400への距離延長は好材料だが、ドスローの上がり勝負になったら分が悪いのでなるべく消耗戦になるような展開に持っていきたい。


フローラSまでの成績【1/51 ―75480円】


だが寝る。洗濯してから>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク