パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(天皇賞・春編)

えっ…


大卒新人の営業君が競馬ファンなので話していたら、ネオリアリズムが出走する香港の話題に。
胴長「あー騎手がペリエだから怖いかもねー」
新人「ペリエって巧いんスか?」
認めんぞ、認めんぞ…。


天皇賞・春
◎サトノダイヤモンド
昨春はまだ人気でお客さんになりがちなサトノのディープインパクト牡馬らしさが出ていたが、菊花賞で3000を克服すると有馬記念でもキタサンブラックを下して最優秀3歳牡馬に輝いた。完全にマカヒキを過去の馬にしつつある。
いつもならこのレースのディープインパクト産駒と言うだけで喜んで無印にしていたが、ここまで規格外だと騙されるまでは本命で良いんじゃないか。
○キタサンブラック
予想としてはしょうもない。捻りようがないもの。
休み明けだった前走も一叩きしてきた連中を調教代わりで一蹴。ヤマカツライデンに逃げられても番手で1000m60秒のペースを守ればマイペースだし、何より適性の差が出るコースだけに昨年の実績は驚異になる。
▲レインボーライン
水曜日まで「シャケトラ頭で儲かるやろ(ゲス顔)」でいたのに、1枠1番で3番人気とかやめてくれや。交換しろ。
昨年の菊花賞2着ながらアーリントンC1着でマイル的なスピード競馬にも対応可能でステイゴールド産駒のデムーロ騎乗。ここまで揃った好走条件を8枠16番がすべて台無しにするか、それでも来てくれるか。
△アルバート
同じ長距離でもステイヤーズSと天皇賞・春が繋がらないのは、年末のキツイ芝状態で行われる中山と新緑が溢れるパンパンの京都高速芝で行われる明らかな違いがあるからだろう。前者は3600なのに対し、後者は3200だが1600×2と言うイメージ。
ダイヤモンドS以来と言うのもマイナスポイントだが、東京でも余裕の上がりで差しきっていたし例年ほどのスタミナだけステイヤーでもないのでは。


青葉賞までの成績【1/52 ―77880円】


まさかデザーモも…!?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク