パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京都新聞杯編)

いつもの週末


ゴールデンウィークもいよいよあと2日ですが、競馬がなけりゃ何もないと言うのも芸がないのでラジオ祭りへ。
すごく久しぶりに「ヒロシです…」を聞いたが、随分とはっちゃける様になってました。芸能界は恐ろしいところなのかね。


京都新聞杯
◎ゴールドハット
名目上は外国産馬だが輸出されたハットトリック産駒なのでほとんど日本馬と変わらない。ドイツ牝馬と相性が良いならディープインパクトもこの手法でシャトルすれば日欧独占も夢ではないような気がする。
そのディープインパクト産駒が得意なレースだが今年は不在。それ以外だとマイラーのイメージがある種牡馬の子供が走っているので今年はハットトリックでどうだろうか。
○サトノクロニクル
前走は逃げたイブキを僅かに捕らえられず2着だったがイブキは青葉賞で見せ場もなく敗退していたし、この時期の中距離以上はスローになりやすいから逃げれば勝ちやすいが逃げ切ると次から苦しくなる。やはりどこかで控える競馬を試した馬が本番では台頭する。
兄のサトノラーゼンが勝っているが父をハーツクライに変えて更に厚ぼったくなった印象なので、一気に突き抜けられるか。
▲ダノンディスタンス
新馬戦でヒシマサルを破ったときは「ルーラーシップ産駒イケるやん!」と思ったが、両名ともに春になるにつれて馬脚を現してきて…。デビュー前の吹きっぷりが凄かったので何だかなぁ。
今回は逃げ馬がダート馬と未勝利勝ち上がりすぐの馬だけで、流石に格の違いから先手は奪えそうなのでゆったり逃げたら怖い1頭。
△インヴィクタ
若葉Sは惜しくも皐月賞の権利を獲れなかったが、敗因が「距離不足」だからビビる。デインヒル×フジキセキ×ヌレイエフなら1200と言われても納得するのに。
1ハロン延長は歓迎だろうが、それなら何で2400の青葉賞に向かわなかった…?と言う邪推から輸送できる状態にない体調と仮定して連下まで。


かしわ記念までの成績【2/54 ―75750円】


面白いかは別>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク