パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

ゴールデンウィーク最終日


この間にやったこと
1.競馬
2.POGリスト作成
以上


NHKマイルC
◎リエノテソーロ
初芝のアネモネSは完敗で、負けたライジングリーズンが桜花賞で歯が立たなかった上に自身はソエで回避。それでパンパンの東京高速馬場に遠征する3歳トライアルが消費期限のゴーンウエスト系。
もうこれ以上ないほどマイナスポイントが積み重なっていて普通なら無言で黒く塗り潰すところだが、愛だよ愛。
○ミスエルテ
こちらもPOG指名馬で朝日杯FSに特攻したり休み明けで桜花賞に出てきたりとクラシックを舐めきった使い方をされてきたが、ソウルスターリングと違いさっさと中距離以上に見切りをつけてきた。もう池江先生も普通の馬に興味ないんだろうな。
それでもまだ牡馬相手のGIで敷居は高いが、叩いて上昇ムードだしスパイツタウンよりは勝ち目がありそうだが。
▲ボンセルヴィーソ
未勝利を勝つのに時間を要したが、その後はすべて重賞で3着以内。少頭数だったデイリー杯2歳Sは別にしてもフルゲートの3戦は評価できる。
このレースの穴馬は重賞実績があるのに不当なオッズになっている馬が多いので、まさに人気の盲点と言う状況がぴったり。
△アウトライアーズ
スプリングSまではあまりクラシックでも聞かない名前だったが新馬戦で共に負けたのがプリンシパルS2着のレッドローゼスだったり、ひいらぎ賞ではウインブライトと星を分けあったりと意外に健闘してた。勝ち方も割と派手だったりするが如何せん踏み台臭が拭えなくて。
母系がフレンチデピュティ×アイスカペイドとややマイル寄りの血統だし、父ヴィクトワールピサに騙されないほうが良いかも。


新潟大賞典
◎ジュンヴァルカン
クラシックまではゆるゆると少頭数のスローを選びながら競馬ができたが、菊花賞が終わって古馬たちとフルゲートで戦わないといけなくなった途端にテンに置いていかれだす。何か今時の新社会人を見ているようだ…。
日経賞でも離れた最後方から最後に脚を伸ばしただけと言う競馬になったし、これを糧に少しは中団から気合いを付けるレースを覚えて行けたら。
○サンデーウィザード
名前からして大きな期待を持ってデビューしたのだろうが名前負け、モタモタする競馬に終始していたがダートを使われて尻に火が付いたのかガラリ一変。一昨年の冬から1度も掲示板を外さない優等生に変身した。
OP初挑戦だった前走はペースに戸惑いながらも3着を確保。クラス慣れした今回は更なる前進もある。
▲ロンギングダンサー
血統だけなら今回のメンバー中でもトーセンレーヴと1.2を争う馬だが、さすがに2頭とも種牡馬入りは厳しいかなぁ…。韓国とかなら話もありそうだが。
最近は休み明けしか走らなくなっていて、昨年の新潟記念に一昨年の新潟競馬開設50周年記念と休み明けの新潟芝でがんばっているので今年はここか。
△フルーキー
もう潮時ですかねぇ…?
ちょっと前までは人気で消して穴で押さえる善戦マンだったが、今年はツキもなく追い込みだと前残り・先行だと前崩れに巻き込まれている。
それでいてトップハンデを背負わされるのは気の毒だが、実績を武器に古豪の意地を見せてほしい。


京都新聞杯までの成績【2/55 ―78150円】


とても有意義>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク