パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(東京優駿スペシャル&目黒記念編)

興奮しすぎて


明日はダービーだから早く寝よう!とカープの試合を見届けて就寝。
起きて「さぁ、ダービーだ!」と時計を見たら23:56でした。
どんだけだ。


東京優駿
1枠1番
ダンビュライト
皐月賞では「後の菊花賞馬が3着に来ているから今年の3着馬は一番スタミナのありそうなこの馬だ!」と印を打って見事3着。悶絶しましたわ。
ダービーのベタ穴馬は内枠に偏っており、鞍上人気も相まって単勝オッズこそ中位人気だが複勝オッズは3番人気に迫る勢い。それだけに注目されたら消し。
1枠2番
アメリカズカップ
音無厩舎3頭出しの1頭。池江厩舎とここだけでダービーの3分の1を出走させるとか普通に考えておかしなことやっとる。
きさらぎ賞をマイナス12キロで勝ったまでは良かったが、続く皐月賞ではさらに4キロ減らしてデビューからの最低馬体重を更新し続けているしまずは順調に輸送をクリアしているかが課題。
2枠3番
マイスタイル
弥生賞を逃げ粘って2着に来たときは「皐月賞のペースを握るのはこの馬だ」と思われたが行かず上がれず見せ場もなく惨敗。正攻法で崩せるほど突き抜けた実力は現時点ではなさそう。
今回はおそらく何が何でも先行するような気がするが、それだとトラスト辺りとの兼ね合いが絡んでくるので八方塞か。
2枠4番
スワーヴリチャード
何とか今年もPOGりんではないほうだけどダービーに出走馬を送り込むことができて一安心。(オークスはディアドラが出走していたのに無印でちょっと焦った)
共同通信杯からのローテで勝ち馬が出ているので皐月賞でも人気になっていたが、新馬戦ではジャイアンツコーズウェイ、東スポ杯2歳Sでバトルプラン産駒に切れ味負けしていた時点でなまくら末脚しか持っていないと判断したので東京2400で突き抜ける絵は見えない。
3枠5番
クリンチャー
最低人気で逃げ切った未勝利戦から返す刀ですみれSも快勝。例年、すみれSの勝ち馬はクラシックで勝ちきるまでは行かないが今年も皐月賞4着。
まずは作戦が決まっているので戦いやすい状況だろうが、ディープスカイ×ブライアンズタイムだからダービーはダービーでもジャパンダートダービーで本命にしたいなぁ…。
3枠6番
サトノアーサー
毎日杯2着で勝ったアルアインは皐月賞馬。それを1秒も上回る上がりで追い詰めたことを評価されて5番人気。
それ自体は確かに評価できるのだが、中山の小回りを嫌って皐月賞を回避してダービーに出てくる馬は藤沢和厩舎以来ムカツクから買わないことにしているので無印。
この時期に舞台を選ぶような馬にダービーの栄冠は輝かない。
4枠7番
▲アルアイン
ムーアでデビューしてシュミノーに切り替えてからの松山で毎日杯制覇。同じシンザン記念で負けた同厩舎のペルシアンナイトがデムーロでこっちが松山なら低く見ちゃうもの。
すべては言い訳になるのでこの辺りで黙るが、それをダービーに来ていきなり印を打つのはナンセンスかなぁ…。
4枠8番
トラスト
もういい!休め、休めッ…!
ところで総帥はなんで「イギリスダービーに行く」と言いながら短距離ロージズインメイを輸入したり小倉芝1200でデビューさせたりダートの南関東でデビューさせたりするんスか?イギリスダービー舐めてるんスか?
5枠9番
マイネルスフェーン
デビューからもう9戦、それでいて馬体重を減らすことなくダービー出走に漕ぎ着ける不屈の魂。マイネルとシチーの馬はこうでないと行けない。
青葉賞は先行して何もできなかったので今回は再び差しに回るだろうが、ホープフルS2着があるように時計のかかる中山芝なら今後も注意が必要。
5枠10番
ベストアプローチ
モハメド、デットーリは?
しかしサドラーズウェルズ系は日本に合わないと長らく言われ続けながらフランケル産駒がオークスも勝ったし、一度でいいからガチのガリレオ産駒とか日本に輸入されないかな?ノーザンFが好きな子馬と1対1のトレードとかしてくれるならオブライエンも考えてくれないものか。
6枠11番
○ペルシアンナイト
皐月賞2着馬をアッサリ見限れるデムーロのしたたかさっぷりよ。そりゃリーディングジョッキーにもなりますわ。
世間的にマイラーじゃないかと言われて人気を落としている感じはありますが、デビュー戦は1800だったしそこまで距離が長すぎるイメージはない。むしろ大一番で乗り替わりになったことのほうが痛いので少し評価は落とす。
6枠12番
◎レイデオロ
ホープフルSから直接クラシックに乗り込むと聞いた時点で「はい藤沢和厩舎、今年も残念ダービー」と決めつけ、皐月賞も無印で案の定5着。ソウルスターリングみたいに真面目にトライアルから努力すれば勝利の女神も微笑むのだ。
ダービーも印は打たない予定でしたが、本命にする予定だった馬が大外に入ってもまだ人気なのでそれならこいつを本命にしてやんよ!
7枠13番
カデナ
昨シーズンのPOGりん最終リストで最後までダノンオブザイヤーとエースの座を争った1頭。えぇ、苦虫を噛み潰しました。
ただ弥生賞がしょっぱすぎる内容だったのと、皐月賞でレイデオロと同じような競馬をしながら勝負どころでまったくついていけずズルズル敗退したのを見て「あぁ、やっぱりグランド牧場のディープインパクトだな」と。だが、ダノンオブザイヤーを許したわけではない。
7枠14番
ジョーストリクトリ
はいはい思い出ダービー思い出ダービー。
これがあるからユニコーンSをGIに昇格させた上で12Rに配置して目黒記念を土曜日のメインに据えてほしいんだ。
さらに言うなら10RユニコーンC・11R優駿牝馬・12R東京優駿みたいなダービーデーを希望。実現したら毎年次の月曜有給取る。
7枠15番
ダイワキャグニー
すごく地味なイメージがあってプリンシパルSに1番人気だったときは「誰?」とすぐに血統がでてこなかった。ダイワメジャー産駒かと思ってたけど、キングカメハメハなのか。
デビューから一貫して北村宏を乗せていて、個人的にはダービーを獲ってほしい騎手の一人でもあるが青葉賞組より成績の乏しいプリンシパルS組じゃ…。
8枠16番
キョウヘイ
竜の未来を担え、君の手でキョウヘイ…。
ドラゴンズは別にファンでも何でもないですが、一部の応援歌のおかげで高橋選手だけは知ってます。
うっかりシンザン記念をタナボタで勝ってしまって出走が叶ったが、あのときの賞金が将来まで重荷になるだろうな。降級制度もなくなるし。
8枠17番
△ウインブライト
デビューしてこのかた6枠から外にしか入ったことのない外枠ホース。少頭数のレースが多い2歳戦はいざしらず、フルゲートのGIでも相変わらずなのがすごい。
スプリングSがメイチの仕上げで皐月賞では馬体重が戻らないのではないかと懸念して無印にしたが、外枠からマクリ上がって後退という動ける体勢まで持ってきていたし輸送のない今回はさらに体調が戻っていれば馬券圏内もありうる。
8枠18番
アドミラブル
やっぱり1番人気になりやがった。
デビュー戦で2秒以上も負けたのは意外だったが、休み明けから破竹の3連勝。青葉賞は力の違いを見せる完勝でダービーに間に合わせてきた。
勝ち方が派手なのでどうにも人気になりがちだが、後方からしか競馬をしたことがないのと18番枠、青葉賞組は2着まででデビューから馬体重が減り続けていることなどを考慮して思い切って無印。


京都ハイジャンプまでの成績【2/62 ―94950円】


二度寝して寝坊する>胴長熊猫
目黒記念
◎ヴォルシェーブ
昨秋にOP入りするといきなりアルゼンチン共和国杯でも3着。サンダーガルチ×アルザオの母系にしては2000が短い印象で、前走のメトロポリタンSも快勝と今後も長距離路線の一角か。
1番人気に応えてぶっちぎるようなイメージはないが、絶好の条件は揃ったので好走を期待。
○カフジプリンス
菊花賞の穴馬として取り上げられてからずいぶんと人気になりながら掲示板までが続く難儀な馬。これだからハーツクライ産駒は旬を逃すと厄介な存在なんだ。
相変わらず人気が落ちないし、そろそろ菱田か川須に手が戻らないだろうか。
▲フェイムゲーム
日本には適鞍があまりないと言う事で海外遠征なども行ったが、まずは日本でしっかりと勝てるところを勝つほうが得策だろう。あまり遠征に強いと言うほどでもなさそうだし。
ダイヤモンドSも58キロ背負って6着ながら上がりは2位。しっかりと脚を使えるまで復活してきたしあとは着順が伴ってくるかどうか。
△トルークマクト
OPならそれなりに戦えるが重賞になると今二つくらいだったのが、新潟大賞典ではようやくコンマ6秒差まで詰めてきてクラス慣れの兆しを見せつつある。
これまでのところ広いコースの2200以上が好走条件なので、相手は強化されるが走りやすい舞台に変わってどこまで前進できるか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク