パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(安田記念編)

もう


例年、POGりんに限らずデビューの遅そうな無風どころを好んで指名していたため、開幕週から指名馬が出てくる展開にやや戸惑ってます。
サトノオンリーワン勝てるか…?


安田記念
◎ビューティーオンリー
昨年の香港マイル勝ちは記憶に新しいところで、モーリスの制したチャンピオンズマイルでもコンマ5秒差の4着に来ていた実力馬。今年に入ってからまだ勝ち鞍はないが、ここ2戦は連続2着と調子を上げてきている。
海外からの刺客は勝ち馬になるとノーザンダンサー系ばかりで、父ホーリーローマンエンペラーは今を輝くダンチヒからのノーザンダンサー系だし、東京特有の時計勝負にも対応してくるはず。
○イスラボニータ
迎え撃つ日本馬の総大将がこの馬と言うのが何ともオッズの割れ加減を物語る。いや、別に貶す気はないが最近のエースがロードカナロア・ジャスタウェイ・モーリスだったことを考えての比較。
2着続きだった成績に終止符を打ち連勝街道に乗っていけるかだが、やっぱり大一番でフジキセキに本命を打つ度胸はない。
▲ロジチャリス
2歳6月にデビューしながら大事なところで休養してしまい、出世にはえらく時間を要した。イメージで勝手に2歳重賞を勝っていると勘違いしていたが、前走が初重賞制覇だったのか。
ダイワメジャー産駒はNHKマイルC勝ち馬は出ているのに何故か安田記念には相性が悪いのが謎だが、3コーナーでみんなが真ん中から外へ回すような馬場なら先行馬でも立ち回りで押し切れるのでは。
△ブラックスピネル
東京新聞杯はデムーロマジックに導かれてまんまと逃げ切り。前走は逆に中団から構えて上がり最速で迫ったが4着と、やっぱりタニノギムレットでサンデーサイレンス軍団に切れ味勝負は分が悪い。
今回は先行に戻してくるだろうし、レベルは違いすぎるがウォッカやモーリスらのロベルト系が走っているのでこの馬の実力なら3着まで。


鳴尾記念までの成績【2/65 ―101850円】


人気にされると不安>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク