パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

くじ引き


コンビニ恒例の700円以上の買い物でくじ引きができる企画。
今回のは表面にドラクエのモンスターが描かれたものでしたが、出てきたのが知らない「ランタン小僧」。
ドラクエも7で止まってるからなぁ…。


エプソムC
◎ヒストリカル
追い込み一辺倒が良い方にも悪い方にも出ていて、前走のような少頭数のスローではやはり届かない。意外と1200でデュランダルみたいな競馬ができたりしないか。
8歳馬になるが兄カンパニーも高齢まで頑張っていたし、直線勝負に賭けてどこまで。
○クラリティスカイ
てっきり安田記念に向かうかなと思ったがこちらに回ってきたか。クロフネ産駒だが1600~2000と幅広く連対するもんだから使う方も適性がわからなくなってるのでは。
個人的には1400以下の距離で押し切る形が合っているような気がするが、東京なら1800でも広いコースなら走りやすいだろうから上がり勝負になってくれたら。
▲マイネルハニー
昨年のチャレンジCで重賞制覇し今の4歳世代の流れを作った馬。その後はマイルの京都金杯とハイペースだった小倉大賞典で惨敗し、やはりペースに左右される面は否めない。
今回は絶対的な逃げ馬不在で単騎逃げが見込めそうだし、休み明けでも仕上がっていれば侮れない。
△ベルーフ
もう強いんだか弱いんだかわからない。力は間違いなくあるだろうが、使い方がかなり難しい馬のようでなかなか成績が安定しない。
綺麗にハマったときの末脚は見張るものがあるので、それを引き出せる騎手と出会えるかがカギ。


マーメイドS
◎アースライズ
オークス4着や愛知杯2着などの実績がある馬だが、福島牝馬Sのあとに約1年の長期休養を余儀なくされた。それでも復帰戦となった賢島特別を快勝したし、やはり能力は高いものを持っている。
そこからさらに放牧を挟んでの挑戦だが、中間の調教も順調だし目立った強豪も見当たらないなら普通に走れば勝ち負け。
○クインズミラーグロ
この馬も紫苑S勝ちがあって秋華賞には間に合ったもののその後は低迷。クラシックに乗せても終わったら古馬と重賞を走らざるを得なくなるOPクラスの痛いところ。
OP再昇格してからはここへ来て重賞で連続好走と調子を上げてきているが、前回の阪神遠征は勝ちはしたが馬体重を大きく減らしたので今回もコンディションには注意したい。
▲ビッシュ
うーん…どうしましたかねぇ。
オークス3着だから実力なら上位だろうが、馬体重がずっと410キロ台から増える気配がなく関西遠征。
秋華賞の前後もローズSではなく紫苑S、エリザベス女王杯ではなくジャパンCとかなり輸送に気を使うタイプのようなのでこちらも気配に注意したい。
△マキシマムドパリ
前走は大敗したがそもそも何で大阪城Sに出た?1800なら中山牝馬S・福島牝馬Sがあるし輸送が嫌なら大阪杯とかもあるのにわさをざただのOPって…。
そうなると相手と距離と輸送を考えたらここがベスト条件になるだろうから、好材料が揃ったところで巻き返しなるか。


安田記念までの成績【2/66 ―103250円】


1つ目ピエロと何が違うん?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク