パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ユニコーンS&函館スプリントS編)

新調


ちょっと前から小銭入れのチャックが閉まらなくなっていた財布を新しくすべく買いに行ったら父の日フェア。
手頃な値段の財布が選べるほどあったのでレジに持っていったら「ギフト用でよろしいですか?」と。
思わず「はい」なんて答えたもんだから、すぐに入れ替えて使おうと思ったのに厳重な二重三重の包装が…。


ユニコーンS
◎ラユロット
昨夏に芝1500でデビューしたが連続2着。藤沢和厩舎らしい使いだしでゆったりと仕上げられながら初勝利を飾ったが長期休養明けでフローラSは少々荷が重かった。
アンブライドルド×シーキングザゴールドと言うバリバリのアメリカンダート血統だし、広いコースでのびのびと直線に賭ける競馬をしてくれたら。
○シゲルベンガルトラ
毎度いい脚を使うのだが使い方が難しいようでなかなか勝ち切るところまで行かない難儀な馬。前走は逃げる形を取ったが粘りきるには至らず、今回はどうするかがカギになりそう。
その意味では横山典騎手なら当日の馬場状態を考慮にいれて極端な作戦を取ってくれるので、思いきった戦術に活路を見出だしたい。
▲ハルクンノテソーロ
小倉2歳Sにも出たことのある馬だが、ファスリエフ×ワイルドラッシュと言う血統の字面通りダート1200~1800が主戦場だろう。徐々に1800寄りになってきている気はするけど。
1200でもハナを切れるだけのスピードはあるし、芝でも先行できるタイプなのでダッシュ力を活かして先手を奪えれば。
△ウォーターマーズ
現状は追い込み一辺倒の脚質で、溜めれば確かに脚は持っているが如何せん使う頃にはレースが終わっているのが課題。どうしても楽をさせるほうが負けても見栄えが良くなるので中団に構えにくくなる。
今回のメンバーで露骨な前崩れは起きないだろうから、少しでも早めに動くか置いていかれない位置から競馬をしたい。


函館スプリントS
◎セイウンコウセイ
高松宮記念を制したが早々に安田記念は回避してサマースプリントシリーズ参戦を表明した。サクラバクシンオー亡き後の芝1200路線はアドマイヤムーンが勝ち鞍トップに立っており、今後も1400以下は毎年のようにスペシャリストを輩出しそう。
故障など不本意な形ではなく最初から狙ってここを使ってきているし、春の短距離王者として56キロなら負けられない。
○レヴァンテライオン
3歳馬がクラシックを諦めて出走してくるパターンが確立され、実際に3年連続で馬券に絡んでおり今年もジューヌエコールが人気なのも頷ける。50~52キロで走れるのは伸び盛りの3歳馬には好都合だろう。
そのジューヌエコールも気になるところだが、馬券的な妙味を考えたら似たような惨敗から巻き返しを期待するならより人気薄のほうを狙いたい。
▲キングハート
関東馬ながら積極的に関西や小倉にも遠征しており、平坦小回りの1200なら安定した力を発揮している。同じサンデーサイレンス系のデュランダルやアドマイヤマックス産駒は2000以上を走る馬が多い中、オレハマッテルゼ産駒は1200タイプばかりな気がする。
昨秋にはセイウンコウセイと接戦の2着があるし、いきなり重賞でも好条件の今回なら通用する。
△エイシンブルズアイ
オーシャンSを勝って高松宮記念でも5着がある実力馬だが、短距離王道を使われるようになって成績は急落。やはりこの路線で長く一線級を保つのは容易なことではない。
前走はダートを使われたが休み明けながら上々の脚を使えていたし、一本調子に雪崩れ込む馬が走りやすいこのコースなら復活もあり得る。


エプソムCまでの成績【3/68 ―93330円】


あうあう>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク