パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

結局、風邪


暑くて寝られないがクーラー付けたら寒気が。


ラジオNIKKEI賞
◎クリアザトラック
近年フルゲートが当たり前だったこのレースも今年は少し寂しめ。やはり菊を目指すなら2600、スプリント路線なら1200と極端に使い分ける時代が来たのだろうか。
毎日杯は自分から勝ちにいく競馬でやられたものの、ダービートライアルを回避した江の島特別では東京新聞杯4着のストーミーシー以下を完封。ディープインパクト産駒にありがちな追い込み一辺倒でもないし、開幕週の福島を先行できれば押し切れる。
○サトノクロニクル
ダービーに出ようと思えば出られるのに無理をせず白百合Sへ向かう辺りが、この調教師とオーナーの余裕と言うかクラシックでキツい競馬をさせると今後に響くと言う経験のなせる使い方か。
実績は言うに及ばないが、ハーツクライ産駒は福島芝での成績が極端に悪く1800m以上で1000万クラス以上だとこの3年で1勝しかできていないので、水仙賞を見てもわかるように取りこぼしには注意したい。
▲ニシノアップルパイ
前走は逃げ馬に不利な東京2000だったが最後まで抵抗して5着。勝ち馬に離されたものの、相手はダービー3着馬だし仕方のないところだろう。
今回は同型にウインガナドルがいるが、1600でも番手に付けられるスピードならハナは譲れない。
△ビービーガウディ
門別2歳優駿5着やダートの500万で頑張っているカジノドライヴ産駒だし、ダート馬だろうと思いきや東京芝2300で2勝目。母エルフィンフェザーは何度かPOGりん最終リストに残したことがあるが、ようやく勝ち上がり馬が出たか。
過去には未勝利ながらサトノアレスとコンマ2秒差の競馬もあるし、小回りのローカル芝なら重賞でも対応可能では。


CBC賞
◎アルティマブラッド
どう転んでもこの血統は短距離型に落ち着くようで、1200路線に絞ったら成績も安定し出した。父シンボリクリスエスらしく詰めの甘さは付きまとうが、母父フジキセキだしこういう馬が出来上がるのは必然か。
一発も期待しづらいが格上相手でも気にしない系統でもあるので、厳しい重賞のほうが走りやすそう。
○タイムトリップ
ロードアルティマ×ホークアタックと言うマイナーな血統ながらNHKマイルCでも6着に入り見せ場も十分。母ミルフォードスバルはファルコンS7着など1200で活躍した馬だったし、本質的にもスプリンターかも。
3歳馬はハンデが軽くなりやすいと言うのを考慮しても52キロは楽だし、ダート的な要素を問われる馬場状態なら浮上できる。
▲メラグラーナ
短距離路線の新星として期待された高松宮記念は使い減りが激しく大敗。京阪杯でも惨敗したように道悪や使い込まれるとすぐに消耗してしまうのだろう。
休み明けで1200を使われた時は連対率100%だが、セイウンコウセイもやらかしているだけに油断は禁物。
△スノードラゴン
すっかり終わっただろうと見ていた前走だが最後まで脚を伸ばして3着は確保するなど、コジーン系はさすがに高齢になってもしぶとい。9歳馬が地方とは言えダート1000重賞で馬券に絡むってなかなかできないよ?
休み明けから上がり上位をキープしているし、前走で気合いを入れられたらまだ巻き返す余地もありそう。


帝王賞までの成績【3/73 ―105330円】


ゴホゴホ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク