パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(函館記念編)

3連休


競馬ばかりなのも脳がないなぁと思い、せっかくだからどこか旅行でもしてみようかしらなんて考えましたが暑いし混んでるのでウインズで手を打つ。
あれ、いつもの週末…?


函館記念
◎サトノアレス
昨年の2歳王者が恥も外聞も捨てて夏競馬に照準を合わせてきた。レイデオロがダービー勝ったから良いけど、負けてたら目も当てられないクラシックになっていたな、藤沢和厩舎。
休み明けだった巴賞は安全策の外から差す形で勝利。1番人気が来ない重賞ではあるが、これまでの1番人気とは一線を画する馬だけに無印にはしにくい。
○ルミナスウォーリア
メイショウサムソン産駒だが東京や中山などの中央場所ばかり走り、ローカルでも新潟か中京の直線の長いコースを選んで走っていたので小回りは今回が初めて。夏競馬も夏負けしやすいからか避けたような使い方をしているし、ここに出てきたのは何か勝算があってのものだろうか。
休み明けは気にならないタイプだが、2着が多いタイプで差し脚質だけに突き抜けられるかがカギ。
▲レッドソロモン
前走はスローペースを嫌って後方から先に動いて行ったが10頭立てでステイインシアトルが楽に逃げ切る展開ではお手上げ。休み明けから妙に追い込む競馬を続けているが、オペラハウスにそんな鮮やかマクリを期待してはイカン。
五稜郭特別を勝ったときが3番手から押し切る競馬だったように本質は先行馬。逃げ馬は揃ったので枠を利用してうまく内側のポケットに潜り込みたい。
△サクラアンプルール
初勝利を門別で挙げたり何度も半年程度の休養を挟んだりとなかなか順調に使えていなかったのが、今年は中山記念で強力メンバー相手に2着。続く大阪杯は跳ね返されたがようやく軌道に乗ってきたところで陣営も秋に向けて賞金を加算したい所だろう。
不利な大外枠に入ったのは気掛かりだが、逃げ馬が多く馬群もバラけそうなのであまり外を回らされない展開になれば。


ジャパンダートダービーまでの成績【4/78 ―95790円】


明日はマーキュリーC>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク