パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

禁忌


次の日の朝がダルくて仕方なくなるので、寝る前にクーラーで部屋をキンキンに冷やしてから寝る寸前に切る形を取っていたものの昨晩は暑さで目が覚める。
髪の毛びっしょり汗かいたのでクーラー再開させて就寝。
今朝は布団にくるまって起きる矛盾。


中京記念
◎グァンチャーレ
シンザン記念を勝ってダービーにも駒を進めた馬だが、その後は条件戦でもフラフラした成績を続けてOP再昇格は1年を要した。
古川が手綱を取るようになって勝ち鞍こそ少ないが安定感は増してきているので、ここらで人馬ともに久々の一発を期待したい。
○ダノンリバティ
一時はクラシック路線に乗ったものの結果を残せずダートへ転向、チャンピオンズCにも出走したが頭打ちになり再び芝に帰って来て昨年は5着。血統的なものもあるが、勝つときは鮮やかなのでなかなか人気が落ちない困ったちゃん。
それだけに3ヶ月ぶりで程ほどに人気も落ちた今回が逆に買い時になりそうだし、立ち回りに苦労するタイプでもないので荒れたところも関係なく突き進んできて欲しい。
▲ブラックムーン
前走は少頭数ながら2ハロン目から11秒台のラップが最後まで続く息の入らない展開。1000mの通過が東京新聞杯より4秒も速い流れならそりゃ出番は回ってくる。
今回も逃げ馬がいて前で勝負したいタイプも揃ったので流れは速くなりそうだし、最後に前が崩れる展開なら一気に差しきる可能性も。
△レッドレイヴン
約1年ぶりの前走はさすがに後方から付いていくだけで終わったが、まずは無事に復帰できたのが収穫だろう。中山記念でドゥラメンテの5着がある馬だし、まともに仕上がれば見劣りはしない。
てっきり今年も函館記念ローテかなと思ったが、サトノアレスと使い分けをしたかったのか珍しく中京に回ってきた。広いコースの上がり勝負が向くのか微妙なだけに連下まで。


函館2歳S
◎ベイビーキャズ
今年もまた訳のわからない2歳重賞を予想する時期が始まる…。
新馬戦は出たなりに追走して上がり最速を計時しながら57秒台でフィニッシュ。☆木幡で味な競馬ができるならルメールに替わればもっと操縦性は上がりそう。
○ウインジェルベーラ
こちらは逃げ馬を見ながら外外を回しつつ叩き合いを制して押し切り。ディスティーテッドヒューモア×フジキセキだしいかにも仕上がりは早そうな血統。
母コスモマーベラスも阪神JFに出走していたし、親子出走なるか。
▲パッセ
パイロ×ホワイトマズルと言う地味な血統が災いして新馬戦は人気がなかったが、逃げ馬を可愛がりながら直線だけで3馬身ぶっちぎる悪魔のような内容。2着馬は心折れてないか。
福島組がどうなのかと言う疑問は仕方ないが、今後の比較材料にもなるので要注目。
△キタノユウキ
ハードスパン産駒と言う珍しい種牡馬の子だが、ダンチヒ系ケープクロスの系統と言われれば仕上がりの早さも納得。過去にもスウェプトオーヴァーボードやテイルオブザキャット産駒みたいな1200の早熟タイプが馬券になっているし続けるか。
外枠に入って距離延長なのはマイナスだが、先行激化に巻き込まれないアドバンテージもあるので外から3コーナーではいい位置に取り付きたい。


函館記念までの成績【4/79 ―98190円】


極端>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク