パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

今日じゃないのか


てっきり甲子園の開会式をやってると思ってテレビを付けたが広島の平和記念式典をやってて「あれぇ?」と番組表を見たら明日でやんの。
大丈夫か台風?


レパードS
◎タガノディグオ
ジャパンダートダービーは中団からよく脚を伸ばしてきたが最後に息切れ。パサパサに乾ききった大井の深い砂では距離も2ハロン増しと言ったところだし、前で我慢が利いたら差しきるのは至難の技だろう。
今回も馬場状態は似たようなものだろうが、大井と新潟なら走りやすさは段違いだろうしハイペースを後方からまとめて面倒見る追い込みを見たい。
○ハルクンノテソーロ
デビュー当初は先行していたが、追い込みに脚質転換してから成績が安定してきた。ダート路線は差し・追い込みタイプだと取りこぼしが多くなりがちだが、この馬は溜めるほうが合うのだろう。
ファスリエフ産駒は1800の成績がイマイチだけに距離延長は気掛かりだが、逃げ馬だらけのメンバー構成だけに追い込みがうまくハマる可能性も。
▲スターストラック
トーセンホマレボシ産駒と言うことで芝からのスタートになったが、目が出ずにダートに切り替えて勝ち上がり。前走では古馬相手に1000万を突破するなど母系のシンボリクリスエス×エルハーブのほうが強く出ているかも。
産駒全体的な成績も勝ち鞍はすべて1700以上で東京ダートは【0-0-0-28】と意外に力のいるダート血統なのかも。
△タガノグルナ
芝でもあすなろ賞5着などがある馬だがダートは負け無し2戦2勝。キングカメハメハ×フジキセキと考えれば別に驚くことではないが、最近はこういう兼用型の種牡馬の活躍がOP以上でも目立つようになった。
前走は着差以上にタイムも出色で、1800で1分50秒台を切るのはなかなか見られないしスイスイ逃げられたら捕まえるのには苦労しそう。


小倉記念
◎ヴォージュ
前走の七夕賞でも印を打ったがシルクの2段駆けにまんまと嵌められてしまい大敗。クラブ馬同士でラビットは今後も流行るような気がするので少頭数重賞では気を付けたい。
逆に今回は何がなんでも逃げたい馬が見当たらず、スローになる可能性もありそうなので改めて見直し。
○フェルメッツァ
2歳時にはモーリスの半馬身差の2着やアーリントンCでミッキーアイルの3着などがあった素質馬。新馬戦ではステファノスに完勝したのにどうしてこうなった。
古馬になってからは広いコースよりも小回りコースに良績が偏りだしたし、コーナー4つの2000辺りが集中力が持続する舞台なのかも。
▲カフジプリンス
菊花賞での穴馬として期待されながら結果が出ず、天皇賞春でも期待されながら出走に至らず。やっぱりハーツクライ産駒は取捨が難しすぎる。
いよいよ宝塚記念をパスされサマー2000シリーズに秋への賞金稼ぎを目指してきたが、ローカルで連勝してきた昨夏の勢いを取り戻せるか。
△バンドワゴン
2年の長期休養から帰ってきてからも合間に3ヶ月程度の休みを挟みながらと、なかなか順調に使えていなかったが今年は間隔は空きながらも3戦目。ようやく上昇気流に乗れる兆しが見えてきたか。
デビュー時には逃げ、2走前は追い込み勝ちと極端な作戦が気性的にも合いそうなので中途半端な競馬にならなければ。


アイビスSDまでの成績【5/84 ―42810円】


上陸は昼過ぎくらいだろうけど>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク