パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(札幌記念&北九州記念編)

連休明けは


盆休みの間ずっと実家のクーラーが効いた部屋に引きこもっていたせいで、休み明けからの仕事がまぁ捗らない捗らない。
とにかく汗の噴出す量が半端なく、シャツが生乾きになったときの悪臭がシャレになっていないので「運動、マジ大事」と思いながら今日もクーラーの効いた我が家で甲子園を見るのです。


札幌記念
◎マウントロブソン
3連勝でスプリングSを制覇しクラシック戦線に名乗りを挙げたが、本番では7着が最高で見せ場にも絡めなかった。いずれも1秒未満の差のない競馬をしているが、一発までと言われると成長途上だったと言うことだろう。
前走は少頭数ながらしっかりと勝ちきり。東京で勝てずに中山やローカルに強いのも母系のゴーンウエスト×クラシックゴーゴーのダート色の関係だろうし、洋芝の今回は舞台も合うはず。
○サウンズオブアース
未だに主な勝ち鞍「はなみずき賞」のままになっている善戦マン。ステイゴールドでさえ古馬混合戦の1000万条件・阿寒湖特別だったわけだから相当なものだ。
海外帰り緒戦と言うことで仕上がりがカギになってくるが、休み明けで掲示板を外したのも前走が初めてだったしフレッシュな状態のほうが走るかもしれないので少し人気を落としている今のほうが買いやすい。
▲ツクバアズマオー
これまで度々2400を超えるレースを使っているが結果が出ず、父はステイゴールドでも母系がストームキャット×シアトルスルーだから集中力の面を含めて2000が限界なのかもしれない。意外と1400辺りがベストだったりして。
同じ2000でも東京のようなコースよりコーナー4つの小回りコースに適性を持っているのでうまく馬群を捌いて来れたら。
△サクラアンプルール
この春には強豪相手の中山記念で2着に入り大阪杯にも挑戦したがGIにはまだ壁が分厚かった。それでもサクラメガワンダーの弟らしいポテンシャルの高さは垣間見えた。
前走は勝負どころで一度、置いていかれたように初騎乗の蛯名が掴みきれてなかったところもあるだろうし、2度目の今回はもう少し乗りやすくなっているだろうから内埒沿いをスルスルと抜け出してくることができれば。


北九州記念
◎ファインニードル
デビュー当初は1200~1600と短距離で色々と試されていたが、現状は直線平坦な1200を一本調子に先行して押し切るというアドマイヤムーンよりは母父のダルシャーンが気性で走るスプリンターと言った塩梅。今後もセントウルSなら消し・京阪杯で買いみたいなリズムで良さそう。
それだけに開催が進んでもまだ外差し一辺倒にならない今の小倉は絶好の舞台だろうし、デムーロ継続騎乗でスタートも間違えそうにないのでひとまず連軸視。
○ミッキーラブソング
2年前にこのレースで5着に入っているが、昨秋は不振に喘ぎ一旦休養。ただ、阪神・中山と坂のあるコースと休み明けのスワンSだったと考えればノーカウントでもいいだろう。
キングカメハメハ産駒だが母父フジキセキがでたようなスプリンターだし、休み明けで負荷のかからない競馬になれば重賞でも見劣らない実績馬だけに軽視禁物。
▲ラインスピリット
OP特別を連勝して重賞戦線に乗り込んできたが高松宮記念でも大敗を喫したようにまだ能力的に厳しいのかも。最近は持ち時計も平均して1分8秒台だけに3歳時のベストタイムを更新できないと今後も頭打ちになる。
前走は岩田が乗って6着だったが、過去にも別の騎手が乗って森に戻したら結果が出ていたし違う騎手が今までとは違う乗り方で気合を付けた後なら一変があってもおかしくない。
△ダイアナヘイロー
こと武豊が乗ったときは掲示板を外したことがなく、ここ3戦で3連勝。短距離界のニューヒロインになれるか今回はいよいよ試金石の一戦となる。
久々の重賞なので今までのようにスンナリと先行させてもらえるかが課題となるが、フィリーズレビュー4着の実績を考えればこのメンバー相手に好勝負となってもおかしくない。


関屋記念までの成績【5/88 ―52410円】


怠惰な豚野郎>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク