パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

ますざぶ夏の大オフ会


仕事がなくなった勢いで参加した今回でしたが、何とか酷いおみやげも用意できて良かった。
小田切ロロさん、毎年のごとく幹事お疲れ様です。そして参加者の皆さま方ありがとうございました!
東京見物して行きたかったが、ひまわり賞があるから急いで帰る。ウインズ新宿で…なんて選択肢はない。


新潟ジャンプS
◎ハギノパトリオット
前走は1番人気に推されていたが、人気になったのを気にしたのか前々勝負をしてしまい最後は失速。少頭数でスローを嫌っただけに悔いの残る敗戦だったかもしれない。
今回は12頭立てながら逃げ馬が揃ってペースは流れそうだし、今まで通りの差しに構えれば今度は差し切れるはず。
○メイショウアラワシ
中山GJ3着もある実力馬だがそれを含めて3着以内はすべて真ん中より内枠に入ったときで、休み明けからは6~8枠だった。それでも4着を続けているしだいぶ安定感も増してきたのだろう。
どちらかと言うとハードルコースより襷コースのほうが嬉しい馬だが、内枠から前に壁を作りつつじっくり脚を溜めれれば。
▲ホーカーテンペスト
障害に転入してから何故か休み休みしか使われなくなった馬で、その割に馬券圏内を外したのは一度だけと言う藤沢和厩舎らしい馬。セン馬だし使い詰めになると嫌気を出してしまうタイプなのかも。
最近はスタートも怪しくなってきているのは気掛かりだが、気分良く行けたときは手が付けられないので五十嵐の手綱次第。
△リスヴェリアート
この馬に限らずウォーエンブレム産駒は格上げ挑戦にも怯まない代わりに格下にもアッサリ負けてそれを引きずる馬が多いが、勝つときが鮮やかなので人気がなかなか落ちない難儀なタイプ。前走なんて何が原因なのかわからないほど綺麗にマクリ切った。
そこまで相手強化したとは思えないが、クラスが上がってすぐくらいが狙い目なので重賞でも追いかけてみたい1頭。


札幌記念までの成績【5/90 ―57210円】


迷子スキル高いんで>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク