パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(キーンランドC&新潟2歳S編)

人は忘れる生き物


東京方面に行く際、神戸まで出ると帰りが高速道路になるし、高松周辺は駐車場に困るので宇多津まで下道を走って電車で岡山まで出るのです。
ところが帰りに時間が合わないと坂出からUターンしないといけなくなるので合わせようとホテルを出たが、また乗り換えがアンパンマントロッコ列車。
夏休みの子供たちに紛れ、確か前にもこの罠に引っ掛かったな…と。


キーンランドC
◎モンドキャンノ
朝日杯FS2着から春はクラシックにも色気を出していったが、スプリングS→NHKマイルCと結果は出ず。フジキセキ×サクラバクシンオーだと考えたら1200専門と割り切ったほうが今後も安全か。
人気が大きく割れるなかで押し出されるように人気になっているのは歓迎しないが、血統的に休み明けを苦にしなさそうなのでいきなりからでも。
○イッテツ
近走では逃げ一辺倒だったが、函館スプリントSで後手を踏んで結果的に溜める競馬を経験すると前走では番手から抜け出し1分7秒台で纏める完勝。ダンチヒ系らしい時計勝負に強い内容を見せてくれた。
今回はパンパンの良馬場とは言い難いだろうが、年々速くなる札幌の芝で全速全開なら恐い1頭。
▲ライトフェアリー
1歳セール52万で買われた馬が船橋デビューから中央の芝1000万を勝って重賞に出てくるなんて夢がある。コストパフォーマンスで行けばかなりのものだな、一口馬主などの比ではない。
いきなりの重賞で勝負になるかは未知数だが、ダートでデビューさせるくらいの馬なら洋芝の北海道シリーズが最後の買い時か。
△ナックビーナス
昨年も休み明けからこのレースに挑戦して5着。ダイワメジャー産駒らしい重戦車のような先行から押し切るタイプで馬格もあるし気が付いたらJBCレディスクラシックにでも出てきそう。
今年も休み明けでまずは仕上がりがカギになるが、横山典を乗せてきて勝負気配を感じられるので人気が上がる前に押さえたい。


新潟2歳S
◎プレトリア
新馬戦ではアジアエクスプレスの弟レピアーウィットを後方から追い込んでデビュー勝ち。同じく3・4着に下したマイネルキャドーとファストアプローチも勝ち上がっていて評価できる内容だった。
ヨハネスブルグ産駒で1600芝重賞勝ちはホウライアキコだけだが、母父は左回りの鬼ジャングルポケット・祖母ダイワルージュは1200時代のこのレースの勝ち馬だしここなら力を出し切れるはず。
○キボウノダイチ
バゴ産駒は数こそ決して多くないものの毎年のようにクラシック戦線に顔を出す産駒を輩出しており侮れない種牡馬。大型馬が出やすいので古馬になればダートで潰しが利くのもセールスポイント。
この馬は母父がステイゴールドでディクタスが入っているし、2歳の早い時期に少し活躍して本格化は5歳以降と言う成長曲線を描きそう。
▲トッカータ
新馬戦では人気こそなかったが3コーナーで一度は下がる不利がありながら最後は詰めてきて2着。人気に推された前走をキッチリ勝ち上がってきて実践派の様子。
今のところ一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使うタイプのようだし、開催も進んだ新潟の芝なら最後に出番が回ってきても。
△ムスコローソ
何となく名前の響きだけで不穏な気配を感じるのは僕だけでしょうか?ますざぶの香港馬名に送れそうで送れない感じ。
こちらもプレトリア同様、新馬戦を上がり最速で勝ち上がって2着以下に下した相手が勝ち上がっている点は評価できる。でも、芝重賞でヘニーヒューズとヨハネスブルグに本命・対抗は打ちたくないんや…。


新潟ジャンプSまでの成績【5/91 ―59610円】


放送の声がアンパンマンですよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク