FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(紫苑S編)

野望


凱旋門賞に限らず、海外遠征で帯同馬が本命馬をブッコ抜いてGI制覇。
もしくはラビットの予定で逃げさせたらそのまま大差圧勝。
サトノノブレスうっかり川田がダンブレしねーかな?


紫苑S
◎ライジングリーズン
前走はブービーに大敗したが、それまでの差す競馬から急に先行に切り替えたことで折り合いを欠いたもの。馬場を考慮した作戦なので間違いではなかったかもしれないが、馬には戸惑いが見てとれた。
今回は控える競馬になるだろうが、開幕週で内枠を引けたし埒沿いをスルスル捌ければ得意コースで巻き返しも可能なはず。
○マナローラ
デイジー賞を勝っていきなり挑戦したオークスは8着。GIの流れに付いていけなさそうな道中だったが終いはしっかりと脚を伸ばしていたし能力の片鱗は見せられた。
休み明けVS夏競馬組なのは今後も取捨が難しいだろうが、重賞に格上げされた昨年はオークス組2頭が絡んだし牝馬は格より調子もここでは疑問か。
▲カリビアンゴールド
溜めれば伸びる脚は持っているのだが後方に構えるとレースが終わってしまい、かと言って中団に付けると末脚が鈍る困ったちゃん。ステイゴールド牝馬が出世しにくい原因はこの辺りにあるのかも。
田中勝に乗り替わりなら間違いなく後方大外ブン回し届かなかったらごめんなさい作戦で来るだろうし、あとは展開がハマるかハマらないか。
△ディアドラ
桜花賞・オークスと上がり最速で突っ込んでは来ているが、いずれも前が止まらない展開で善戦まで。ただ、POGで指名していたので夢だけは見ることができたよ。
前走で古馬相手にキッチリ勝ち上がったのは評価できるが、ハービンジャー牝馬は中山芝1800m以上の1000万クラスを超えると1勝しかできていないので頭まではどうか?


新潟記念までの成績【5/95 ―69210円】


なくはない?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク