FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

一喜一憂


昨日の朝の内、JRAにやられたと思ったら川崎ナイターで一気に取り返し、草野球が人数揃わなくて中止になったと思ったら今朝は頭痛を伴う風邪。


京成杯AH
◎トーセンデューク
条件戦では中団に構えられたが重賞クラスに上がってくるとどうしてもテンに置いていかれがち。上がりは纏められているだけに追走が今回もカギ。
ただ、マルターズアポジーが逃げるのにボンセルヴィーソが競りかけていけばペースは上がるだろうし、開幕週を意識して早仕掛けになれば最後の坂で逆転も。
○オールザゴー
当初は逃げて結果を残していたが、マーガレットSやNHKマイルCを見てもわかるように差しても競馬ができるだけの資質はある。母がスプリンターだったから気性で走る短距離タイプと決め付ける必要はなさそう。
前走は行かず溜められずと言うチグハグな競馬だったので、坂井には若さで一発を狙うような騎乗をしてもらいたい。
▲ウキヨノカゼ
ずっと期待し続けているが如何せん追い込み一辺倒で届かない競馬ばかり。ターコイズSか愛知杯まで待たないと厳しいかなぁ…?
それでも可能性があるなら流れの速い牡馬混合の急坂で一発だろうし、1600でノリポツンから届くのかどうか。
△ブラックスピネル
東京新聞杯をうまく勝ちすぎたせいで重賞でしか走れなくなったが、それにしても安田記念はだらしがなさすぎた。JRAも降級制度がなくなるのでこういう展開に恵まれてうっかり賞金を加算してしまった馬の末路は悲惨だろう。
元々がクラシックを期待されていたので中山はホープフルS以来だが、タニノギムレット産駒自体はこのレースでも来ているので血統に託したい。


セントウルS
◎メラグラーナ
ここ2戦は人気を裏切る形になっていて、春先に連勝を飾ったときはいずれも真ん中より前で競馬をしていたので内枠だし位置を取りに行かないと包まれそう。戸崎もさすがにそこまでバカじゃないとは思うが。
サマースプリントシリーズを間隔を空けて出走したのが夏負けのせいなら少し涼しくなってきた今頃から調子を上げてきそうなので、やや人気も割れ加減の今回が狙い目。
○ファインニードル
1番人気に推された前走は流れに乗り切れず掲示板まで。スムーズなら馬券圏内を外すことはなかっただろうし、改めて見直し。
あとは水無月Sを勝っているものの阪神コースでやらかしが多いのと、1番人気が過去10年で1勝しかできてないのが心配。
▲ミッキーラブソング
1400なら先行できるが1200になると後方からになってしまうため、どうにも力を出し切れずに終わってしまいがち。二の脚が遅いのかゲートが遅いのかはわからないが、重賞では前半の位置取りが致命的になりやすい。
それだけに1頭でも少ないほうが競馬をしやすくなるので、フルゲート揃わなかった今回なら。
△プレイズエターナル
前走を見ても持っている脚は素晴らしいのだが、使いどころに難があるようでなかなか波に乗れないでいる。新潟1000を差し切るとかなかなかできない芸当なんだけど。
今回も後方からになるのは間違いないので、うまくインコースに潜り込んで一気に突き抜けたい。


紫苑Sまでの成績【5/96 ―71610円】


禍福は糾える縄の如し>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク