FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

忘れた頃に


夏場に古くなった汗ばみシャツや磨り減って穴が空きかけの靴下を捨てたら意外と減りすぎてしまってギリギリになってきたから買い足したら実家からの物資の中から大量にシャツと靴下が出てくる。
肌が弱いのでシルク生地みたいなシャツがお気に入り。くるぶし靴下は足首が擦れてガサガサになるので苦手。


オールカマー
◎カフジプリンス
菊花賞後は疲れからか人気で惨敗するケースが見られたが、前走で久々の馬券圏内。元々が煮え切らないハーツクライ産駒だけに前半から気合を付けていくほうが合うのかもしれない。
関西馬だが中山2500で勝ち鞍があり、母父シンボリクリスエスだし意外と中山巧者だったりして。
○ルージュバック
牡馬相手にきさらぎ賞を勝ったことで怪物扱いされたこともあったが、今になって見返してみれば大したメンバーでもなかったし単なるGⅢだったなと。オークスが最大のチャンスだっただけに東京2400の古馬牝馬限定GIがないのは痛いところ。
最近はトライアルホースになりつつあるし、毎日王冠や府中牝馬Sをわざわざ避けてここからなら何か考えもあるのでは。
▲モンドインテロ
昨年も札幌日経OPを勝って秋競馬に挑んできたが、ひょっとしてこの馬は小回りのコーナー4つでないと集中力が持たないタイプなのでは。東京で勝ったときも6頭立てだったし、ディープインパクト産駒と考えないほうが良いかも。
それならアルゼンチン共和国杯よりはステイヤーズS、ジャパンCよりは有馬記念で印を打ってみたい。出てくるなら。
△マイネルサージュ
前走は休み明けに乗り替わりで出遅れてしまい札幌2600なのに後方から。上がり2位で迫ったがさすがに直線平坦の短い間では4着が精一杯だった。
新潟の開幕週に行くかなと思ったらここへ向かってきたし、メンバーは強化されるが強気の判断を買ってみたい。


神戸新聞杯
◎レイデオロ
日本ダービーではルメールの好判断に導かれて見事な戴冠。皐月賞で脚を余してしまった反省をキッチリ取り返して見せた。
この後はジャパンCに直行の予定でソウルスターリングと上手く天皇賞・秋との使い分けでダブルゲットを目論んでいるようだが、ウイポじゃないんだしそんな世の中うまく行くように出来てるかな?
○サトノアーサー
後方から良い脚で突っ込んでくる競馬をするので見た目にも派手で人気が落ちない。川田の大外ブン回しは決まれば気持ちいいが、反面なにを考えてんだと文句を言いたくなることもあり両刃の剣。
今回もかなり後ろで構えるだろうから、マイスタイルとアダムバローズがメンチ切り合うようなハイペースになってくれたら。
▲カデナ
弥生賞までは春のクラシック主役の1頭だったが、終わってみればやっぱり福永の馬だった。川田は外・福永は内、節分か?
とは言えこれまでの実績を考えたらこの人気は美味しいし、本番ではまた福永するだろうからトライアルで厚めに押さえるのがベストだろうか。
△ホウオウドリーム
ウイポなら欧州三冠馬も簡単に産んでくれるメジロドーベルだが、体質的な問題もあって現実では仔出しに苦労してますな。こればかりは人智の及ばない場所なので致し方ない。
メンバーの殆どが菊花賞に向けて賞金を持っているし、権利のためにメイチで仕上げそうな馬の中から本番でも見たい馬を選ぶ。


セントライト記念までの成績【5/101 ―80810円】


パンツも買わねば>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク