FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(菊花賞編)

選挙


せっかく貰えるものなので投票くらいは行きますが、何せここの選挙区は自民党1・共産党1・その他1の構図のため入れ甲斐がない。
民主党が政権を取ったときですら候補者も擁立してこなかった場所なので、よほど昔からの力がある選挙区なんだろうな。


菊花賞
◎クリノヤマトオー
ダービー馬がこのレースに出てこないのは例年通りで、過去10年でも2頭しか出走していないので珍しいことでもないが2~4着馬までが出てこないのはかなり珍しく単勝オッズの割れ方がそれを物語っている。
1200でデビューして1800までしか経験のない馬だが、ジャングルポケット産駒からはオウケンブルースリがいて母系にもサンインロー系ヴァンダルと言う古き良きスタミナ血統が入っているなら初めての長距離にもいきなり対応するかも。
○アルアイン
皐月賞を見事な末脚で差しきって母父ドバウィも優秀な成績を残しているのはかえすがえすも早世が悔やまれる。ミスタープロスペクター系は何かで区切るとすぐに例外にぶち当たるから面倒だ。
人気を3頭で分け合う形にはなっているが、唯一のGI馬に加えてゴールドシップやエアシャカールのように2冠馬が出るときは近年だと皐月賞と菊花賞になりやすいので実績を重視してこちらを上に取る。
▲キセキ
春先はクリンチャーを捉えられなかったりアルアインに切れ味負けしたりモタモタするところがあったが、夏からガラッと馬が良くなって神戸新聞杯でもレイデオロを脅かす2着。上がり馬が人気になりやすいレースでもあるし、もっと人気になると思ってた。
ルーラーシップ自体は2000のGI勝ち馬だが産駒は距離を延ばすごとに成績の良くなるクラシックディスタンス種牡馬で、母父ディープインパクトと結果を残せば今後も長距離で期待できるだけに試金石。
△ウインガナドル
今年は北海道シリーズの2600を勝ち上がって駒を進めてくるようなステイヤータイプの馬がおらず、2000前後で善戦した馬ばかりなのが残念。血統だけならベストアプローチでサドラーズウェルズを持ち上げたいが、いくらなんでも安易すぎて。
ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合にその下はカツラギエース。大一番でアッと言わせる大逃げを見せる下地は揃っているのであとは馬場を味方に押し切りを狙いたい。


富士Sまでの成績【6/114 +13980円】


三木武夫の銅像あるし>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク