パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(スワンS&アルテミスS編)

また台風か…


馬場が壊れるなぁ…。
菊花賞も戦後2番目の遅いタイムだったし、あまり酷いようなら翌日とかにずらしてあげたい気もする。
CSと言いやりゃ良いってもんじゃないと思うんだ。


スワンS
◎ミスエルテ
2連勝でファンタジーSを勝ったときはソウルスターリング共々フランケルの時代が来るか!?と騒がれたが、秋になって少し涼しくなってきたか。欧州でもようやくGI勝ち馬が出たみたいだし、距離への高望みは今後も捨てたほうが良い馬券にありつけそう。
できればサマースプリントシリーズでの走りを見てみたかったが、京都1400は重賞を勝った舞台だし得意条件で巻き返したい。
○レッツゴードンキ
今年のレースで崩れたのは特殊なペースになりやすいヴィクトリアマイルだけで、それ以外のレースでは連対を外さない堅実な走り。母父マーベラスサンデーだし意外と遅咲きの血統だったのかもしれない。
折からの雨で内枠を引いてしまったが、JBCレディスクラシック2着があるようにパワーを要求される馬場は問題ないだろうからここでも。
▲ダノンメジャー
かつては京都2歳S2着などでダービーにも出走していた馬で、サンデーウィザードやシングウィズジョイにも勝っていた。ダイワメジャー産駒だが1800を中心に使われていて母父のアザムールがスタミナを補完している感じ。
1400への距離短縮と逃げ馬が揃っているのでテンのダッシュ力が課題になりそうだが、不良馬場だった都大路Sを逃げ切っているし馬場適性を味方に押し切りたい。
△トーキングドラム
阪急杯で大万馬券の片棒を担いだ馬だが、その後は使えるレースの幅が狭まってしまい大敗を繰り返した。重賞に出るためには賞金を稼がないといけないが、頭打ちになるとOPでも斤量を背負わされるのが難点になってくる。
阪神1400で重賞を勝っているが、実は京都1400も【1―2―0―1】と得意にしているし雨で上がりの掛かる展開になれば再浮上も。


アルテミスS
◎ダノングレース
POGりん今シーズンの興亡、この一戦にあり!
と言うのが割とシャレにならないほどデビュー率が悪い。地方交流ダート重賞を目論んでいた馬たちが馬名登録すらないってどういうことだ。
まだ1戦しかしていないので何とも評価が難しいが、洋芝1500であれだけ強引にこじ開けられるなら馬場の広い東京ならもっと存分に脚を繰り出してくれるのでは。
○トーセンブレス
新馬戦では中山1600とは思えない大外ダンシングブレーヴでブッコ抜き。いくらエアレーションで外が伸びると言っても、スローになりやすい2歳戦であれはなかなかできない。
やはり1番人気は仕方ないところだが、仕上がりの早いタヤスブルームの系統だし今の時期の重賞なら完成度の高さで一枚上かも。
▲スカーレットカラー
新馬戦では後に中京2歳Sを勝ったアマルフィコーストに逃げ切られた2着。未勝利ではアイビーS2着だったシャルルマーニュを下しており、ノースヒルズの中では地味な存在かもしれないが中身は濃い。
ヴィクトワールピサ×ウォーエンブレムで馬場は不問になりそうな血統だし、スタミナ比べにも切れ味勝負にも対応できそうなので自在性に賭けたい。
△グランドピルエット
クラシックでもオークスに出走したザレマの子で、新馬戦は圧倒的1番人気から先行して抜け出す教科書通りの競馬で快勝。名前からしていいとこのお嬢さんみたいなイメージだ。
両親ともに本格化は古馬になってからだったのでこの馬もまだ先かな?と思わなくはないが、人気馬は追い込みタイプが多いのでデビュー戦同様の先手から押し切る競馬なら太刀打ちできるはず。


菊花賞までの成績【6/115 +11580円】


田んぼだもの>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク