パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(天皇賞・秋編)

また土砂降り


アパートは2階なので冠水などの心配はないものの、ウインズ高松にもパルス藍住にも中途半端な距離がある我が家は出掛けるのも億劫で。
でもGIだからなー仕方ないなー(ウキウキ)。


天皇賞・秋
◎ヤマカツエース
GⅡまでなら堂々とした王者の競馬ができるのにGIだと今一つ。それが今春の大阪杯では見せ場たっぷりの3着に健闘、一皮剥けた感がある。
まだ東京で勝ち鞍はないが札幌記念を叩いて上昇ムードだし、重馬場にも勝利実績があるならここで一発もあるのでは。
○ステファノス
天皇賞・秋では2年連続で馬券に絡み穴を演出。今年も大阪杯2着に前走オールカマーでも2着と力が衰えている兆しは見えない。
ディープインパクト産駒だが母系はクロフネ×ゴールドティアラでダートでも活躍できそうな下地はあるし、道悪でも対応して伸びてくるのでは。
▲マカヒキ
海外遠征から帰って来て不振が続いていて、前走の毎日王冠もただ1周してきただけのようなレース。もう少し時間が掛かるようなイメージはある。
ただ、このレースはスペシャルウィークやエイシンフラッシュが見限られた途端に復活した曰く付きの条件だし、元々ダービー馬だから東京も得意なはずなので低評価を嘲笑う末脚を見せてほしい。
△ミッキーロケット
菊花賞戦線から頭角を現し、春も日経新春杯からGI獲得を予感させたがまだ上位組とは壁があるように感じた。
ここ数戦は必ず3コーナーで置いていかれる不利を受け続けていて、神戸新聞杯のときは自分から動いて活路を開いただけにここも受け身に回らず動かすようなレースで前を潰したい。


スワンSまでの成績【6/117 +6780円】


ダメ人間!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク