パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ファンタジーS&JBC3レース編)

疲れた


一気にGIを3レース予想するのはしんどい。


ファンタジーS
◎モズスーパーフレア
1番人気に推された小倉2歳Sはスタートから飛び出して行ったものの前崩れを誘発してしまい7着に惨敗。一緒に逃げた馬が大差でシンガリ負けをしているわけだから踏ん張れたほうだと言える。
仕切り直しの一戦になるが、スパイツタウンに限らずゴーンウエスト系は3歳春までの賞味期限以内なら他のミスタープロスペクター系と同じく大敗を平気で巻き返してくるので人気も割れ加減の今回も要注意。
○アーデルワイゼ
母アーデルハイトはブエナビスタの妹として期待されながらアグネスタキオン産駒らしい体質の弱さから満足に競馬を使えなかったが、子供は無事にここまで2戦1勝。母父アグネスタキオンはちょっと健康面で脚を引っ張る感じだったが父を厚めの血統を混ぜれば改善されるか。
前走は勝ち馬にこそ水を空けられたが3着馬も1馬身半ちぎっていて、牡馬相手にもヒケを取らない能力はあるので牝馬同士なら。
▲スズカフェラリー
りんどう賞は最後にいい脚で飛び込んできたがゴール前の混戦で3着同着。8頭立ての7番手からでは流石に届かないか。
まずは今回もどこから競馬をするかがカギになりそうだが、シュタルケがどれだけ上手く立ち回ってくれるのか。
△コーディエライト
2歳中距離戦では逃げてスローに持ち込んで連勝していく馬が毎年のようにいるが、1600以下でそれをするのはやはり難しい。テンの速さだけなら馬鹿っ速い外車が揃っていたりしてハナを叩かれることが多いし。
新潟2歳Sでも逃げて2着に粘り込んでいたし、同型は揃ったが譲らずに押し切りを狙いたい。


JBCクラシック
◎オールブラッシュ
川崎記念でスローに落として初GI制覇に成功したが、そこからはチグハグなレースぶり。ウォーエンブレムを噛むと何か不可解なスランプに陥る馬が多くて困る。
メンバーがJRA勢の差し馬だらけで、コパノリッキーがスプリントに回って単騎逃げが見込めそうなので川崎記念の再現を期待。
○ケイティブレイブ
帝王賞では出遅れながら馬場の真ん中を突き抜ける末脚を見せて強豪を一蹴。今までの善戦マンぷりがどこに行ったのかと言う快勝劇だった。
休み明けの日本テレビ盃はマークされる形で最後に差されたが、順調にステップを踏んできているし本番での逆転ならこの馬か。
▲グレンツェント
東海Sまでは順風満帆の成績で一気にGIまで行くのかと思われたが、そこで一息入ってしまうとここ2戦は惨敗。ゴールドドリームもそうだったが、ネオユニヴァース産駒は連勝が止まると魔法でも解ける設定があるのかね?
さらに一息入れてここへ絞ってきたが、白山大賞典やみやこSに出ずGIに出て来るならノーザンFの底力を見せてほしい。
△サウンドトゥルー
中央・地方を問わず追い込みで好走しているが、ダート路線は強力な逃げ馬が常にいて届かないレースが続いていた。マクリに切り替えても最後が甘くなるので愚直に構えるしかない。
今回もペースはあまり速くなりそうにないが、向正面からのマクリ合戦になって出番が回ってくれば。


JBCスプリント
◎キタサンミカヅキ
JRA時代はOPまで来ると決め手に欠ける凡庸なタイプになりかけたが、南関東に移籍すると水を得た魚のように復活。未勝利馬が地方でトントン拍子に出世することはままあるが、OP頭打ちから交流重賞で復活は珍しい。
今回はコパノリッキーに芝からネロも参戦してきて更にテンは速くなりそうだし、また前走のような差しが決まる可能性も。
○ブルドックボス
こちらも中央OPから南関東に移籍してきたが、こちらはどちらかと言うと手頃な番組に出やすくするため移籍してきた感がある。まぁ、賛否両論あるだろうけど賞金は地方の調教師・騎手にとっては魅力的だし悪いばかりではないか。
まだ地方の深いダートに適応しきれていない面を見せているが、ペースに戸惑うことはないのでここも安定感を買いたい。
▲ノボバカラ
南部杯では逃げて最後まで粘り込んで2着に激走。ここの予想久々のプラス収支に貢献してくれた。
さすがに逃げ馬が多いので同じような作戦は取れないだろうが、何故か交流重賞だと現地の騎手を乗せたときは走るので何か起こしてくれないか。
△スノードラゴン
スプリンターズSを勝った馬なのを忘れるほど昔になってしまいましたな。新潟開催だったわけだが、こういうイレギュラーな条件を勝つとその後が大変になる典型。
ただ、最近のレースぶりは復活を感じさせるものだし、高齢になってもしぶといコジーン系なら見限らず押さえてみたい。


JBCレディスクラシック
◎アンジュデジール
前走レディスプレリュードではまたもクイーンマンボに大差を付けられてしまったが、ホワイトフーガとはタイム差なしで終わったし悲観する内容ではなかった。関東オークス2着でもあるし距離も問題にはならないだろう。
そのクイーンマンボが出て来ないためチャンスは広がったし、世代の代表として古馬にぶつかりたい。
○ホワイトフーガ
3歳からこのレースを連覇して今回は3連覇が懸かるレースになるが、さすがに年齢と共に圧倒的な力を見せることはなくなってきた。喉鳴りの症状も抱えているし年内が一杯かも。
こちらもクイーンマンボが不在のお陰で目新しいライバルは地方交流初挑戦組だけだし、格の違いを見せ付けるだけの舞台は整った。
▲ファイトユアソング
中央時代は1000万条件を頭打ちになった馬で、南関東に移籍してからもB2下でモタモタしていたが今夏に馬が一変。Aクラスに入ってきてレディスプレリュードでも7着に滑り込んだ。
まだ重賞での実績はないので能力的にも一枚落ちる感はあるが、ララベルよりは距離に対応できそうなので大穴なら。
△ワンミリオンス
昨年の勢いは牝馬ダート路線の世代交代を意識させるものがあったが、マリーンCで大敗するとそのまま休養。地方重賞はナイターやデイ開催の両方をこなさないといけないので繊細な牝馬には付いていけないところもあるのだろう。
今回も前哨戦を使わずぶっつけ本番でのGIだけに、地力は認めるところだが頭まで突き抜けられるかはどうか。


天皇賞・秋までの成績【6/118 +4380円】


長い!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク